VISAのバーチャルカード/リアルカードを発行できる「Kyash(キャッシュ)」が、10月1日よりポイントプログラム「Kyashポイント」を開始します。

Kyashポイントの開始に伴い、これまで提供されていた「2%キャッシュバック」は2019年9月30日をもって終了となります。

9月30日までの9月利用分は、10月末に2%分がキャッシュバックされます(売上未確定の場合11月末、12月末にキャッシュバック) 。10月1日以降の利用分は、決済金額の1%または0.5%(一部対象外取引有り)が、即時Kyashポイントとして付与されます。

Kyashポイントが開始、サービスの特徴

Kyashポイントの特徴は次の通りです。

  • リアルカードで決済すると100円につき1ポイント還元
  • リアルタイムで即時還元
  • 1ポイント=1円としてKyash残高にチャージして使える

Kyashポイントの対象取引者と還元率

リアルカードを有効化済みの場合

  • 対象となる取引:オンライン決済または実店舗決済
  • 対象外となる取引:QUICPayによる決済、その他一部の取引*
  • 還元率:決済金額の1%(小数点未満切り捨て)

バーチャルカードのみ発行済みの場合

  • 対象となる取引:オンライン決済
  • 対象外となる取引:QUICPayによる決済、その他一部の取引*
  • 還元率:決済金額の0.5%(小数点未満切り捨て)

キャッシュレス・消費者還元ポイント

10月1日より、経済産業省が主導する「キャッシュレス・消費者還元事業」がスタートします(〜2020年6月まで)。対象加盟店でKyashを利用する際は、Kyashポイントに加え、さらに5%または2%の消費者還元ポイントが上乗せされます。

対象店舗はキャッシュレス消費者還元事業公式サイトにて公開されています。

還元率は利用する店舗によって異なります。中小・小規模事業者での決済は5%、フランチャイズ等は2%となっています。

Kyashを利用した買い物の場合、Kyashポイントとして付与されます。Kyashポイントはそのままでは使えませんが、Kyash残高へチャージすることで、決済や送金に利用することができます。有効期限は、Kyashポイントを最後に獲得した日から180日間(180日以内に新たにポイントを獲得すると、その時点からさらに180日間有効となります)。

消費者還元の上限額

1ヶ月あたりの付与上限は、5万円相当額までのポイント。

おわりに

というわけで「【Kyash】ポイント還元率「2%」が終了し「1%」に、10月から「Kyashポイント」開始に伴う変更」という話題でした。普段のカードをKyashに置き換えるだけで2%ポイント還元を受けられるおトクさの一方で、いつまで続くのかとも感じていたKyashの「2%キャッシュバック」ですが、ついに終了してしまいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で