スターバックス コーヒー ジャパンは、地球環境について考え、行動する日である「アースデイ」の2019年4月22日より、使い捨てプラスチック削減啓発のためのキャンペーンをスタート。マイタンブラーやマイカップ持参でドリンクを楽しむスタイルを提案するほか、繰り返し使える「リユーザブルカップ」と「リユーザブルストロー」を神奈川県内のスターバックス店舗(一部店舗を除く)で限定販売します。

地球の持続可能性に取り組む「Reuse & Respect」サステナビリティプロジェクトの一環として実施されるものです。

販売期間は4月22日(月)〜5月31日(金)

価格は『リユーザブルカップ(473ml)』が200円+税。『リユーザブルストロー&シリコンバッグ』が1,500円+税。

いずれも数量限定で、なくなり次第販売終了とのこと。

スタバは2020年末までにプラスチック製のストローを全廃することを発表。スターバックス コーヒー ジャパンもこのコミットメントに従い、日本のスタバ全店舗で2020年半ばまでに使い捨てプラスチックストローを撤廃するため代替品の検討を進めています。

リユーザブルカップ

今回発売される「リユーザブルカップ」は、スターバックスの象徴ともいえる緑のサイレンロゴを配した、白いペーパーカップのデザインをそのままに、ポリプロピレン製の樹脂でできているカップ。

コンセプトは繰り返し使えるペーパーカップ。紙製のカップより耐久性があるので繰り返し使用でき、通常のプラスチック製タンブラーよりも薄く軽いという特徴で、気兼ねなく持ち歩くことができます。

ホットでもアイスでも、どちらのドリンクにも使用可能です(電子レンジは不可)。このカップを利用してドリンクを注文すると、タンブラーを持って注文したときと同じ20円の値引き対象になります。

リユーザブルストロー&シリコンバッグ

「リユーザブルストロー&シリコンバッグ」はシリコン製で、繰り返し洗って使えることから、使い捨てプラスチックストローの削減につながります。専用の洗浄ブラシ付き。

世界では毎年推定6000億を超える紙製やプラスチック製の使い捨てカップが使用されているそうですが、スターバックスだけでその約1%を占めているとのこと。スタバでは2014年より今回日本で発売となる「リユーザブルカップ」を北米やイギリスで導入し、今までに2,500万個以上を販売。リユースの環境を整え、廃棄物量の削減に取り組んでいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で