うちにもやってきたTwitterのアカウントロック。

いつもどおりTwitterにアクセスすると、突然“このアカウントはロックされています”の表示。規約違反でロックされる理由は様々ですが、今回は「自動化に関するTwitterルールに違反していると思われます」と言われました。

Twitterは、管理人個人のアカウントと、ブログの更新通知用の2つのアカウントを運用しています。今回ロックされたのは、主に自動投稿を行っているブログ更新通知アカウント、ではなく、管理人個人アカウントのほう。不思議。

まあしかし、問題の詳細とともにロックを解除する方法が記載されていたので、その手順通りに進めることで無事解除することができました。

自動化に関するルールに違反・・・?何が違反?

Twitterへアクセスすると「ご利用のアカウントは自動化に関するTwitterルールに違反していると思われます。アカウントのロックを解除するには、以下のステップを完了して、あなたが正当なアカウントの所有者であることを確認してください」と表示。

フォロー/フォロワー管理もしていないし、個人アカウントの方での自動化といえば、ブログの過去記事投稿をぼちぼちしているくらい。もう1つのブログ更新通知用アカウントでは、記事の新規投稿時と再通知の2度行っているので、はるかに自動投稿に依存しているのだけれど。そちらは別にアカウントがロックされるでもなく。

調べてみると、この件は4月に問題になっていたのですね。「Twitterでアカウントロックの報告相次ぐ 自動化に関するルールに違反(2019年4月2日)|BIGLOBEニュース」と。遅れて僕のところへもやってきました。

自動化のルール違反でのアカウントロックは、自動化されたアプリやツールを使用して短期間に多数のフォローやフォロー解除を行った場合などに適用されるそうです。が、ツイッターは特に説明していないのでどのような行為が違反に該当したのかは不明であると。

アカウントのロックを解除する方法

アカウントの所有者であることを確認すればアカウントのロックは解除されるということで以下の2点を行います。

  • Google reCAPTCHAチャレンジに合格
  • 電話番号の確認

reCAPTCHAはフォーム入力時によくある「私はロボットではありません」のあれです。電話番号の確認は、入力した電話番号宛に6ケタの確認コードが記載されたショートメールが届きます(あるいは音声で通知されます)。それをフォームに入力し送信することでロックが解除されます。

何が問題だったのかわからずスッキリしませんが、とりあえずこれで元通り。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で