Amazonに「Audible (オーディブル) 」というサービスがあります。Audibleは、PCやスマホ・タブレット端末から本を「朗読」で聴く、Amazonグループのオーディオブック(ボイスブック)サービスです。はじまりは1995年。2008年にAmazonが買収し、2015年より日本でのサービスを開始しています。

聴く本のラインナップは、人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス、自己啓発、小説、英字新聞、落語、洋書など20以上のジャンルから、38か国語の海外コンテンツと国内コンテンツを合わせて40万タイトル以上。中にはAudibleでしか聴くことのできないスペシャルコンテンツも。

オーディオブックは耳だけで読書ができるため、目も手も自由に。プロのナレーターや俳優、著者などによる声で読書を楽しめます。プロの声はとても聴きやすく、原作者による朗読もまた面白いです。

Audibleで本を「朗読」で聴く

「Audible」に加入すると、毎月1つもらえる「コイン」で、好きなタイトルを購入できます。月1冊では足りない。もっと聴きたい時は、30%オフで単品購入することができます。

万が一購入したタイトルが気に入らなかったら、他のタイトルと交換OK。月額1,500円で加入できます。また最初の1ヶ月間は無料体験が可能です。購入した本は退会後も聴くことができます。

申し込み

申し込み時はAmazonアカウントがあれば会員情報が引き継がれるため、クレジットカード情報などを再度入力する必要はありません。この点は楽ちん。サインインもAmazonアカウントで行なえます。

あとは聴きたい本を探して購入(毎月1冊は無料)するだけ。

プレイヤーアプリ

プレイヤーの再生速度は等倍(1x)から最大3.5倍速度に、あるいは0.5倍まで遅くすることができます。選べる再生速度は次の通り。0.5倍/0.75倍/1倍/1.25倍/1.5倍/1.75倍/2倍/2.5倍/3倍/3.5倍。30秒の早送り・巻き戻しや章ごとにスキップしたりも可能です。

モチベーション維持のために、リスニングタイム表示やバッジコレクション、リスニングレベルといった仕組みもあります。

感想

というわけで、Amazonグループのオーディオブックサービス「Audible」について紹介してきました。

Audibleは当初、聴き放題としてサービスがはじまりました。ところが2018年8月28日にコイン制へと移行。聴き放題でなくなったのは一見改悪とも取れる大幅なサービス変更ですが、退会後も購入した本を所有できるようになったり(聴き放題は本を購入しないので、退会するとその後は聴くことができません)、販売されている本のクオリティアップといった恩恵もあります。

本を「耳で聴く」オーディオブック。目と手が空いていない時でも、家事をしながらであったり、通勤通学途中だとか、耳が空いていれば読書を楽しむことができます。逆に言えば音楽やラジオなどで耳が空いていないときには使えないことになるわけですが。

とはいえ、忙しい時でも聞き流すことができたり、覚えたい箇所を何度も繰り返し聴いて記憶を定着させたりと便利に使えることも確か。人によって魅力に感じるかどうかはあるでしょうけれど、なかなか本を読むまとまった時間がないときでも読書できるオーディオブックは気に入っています。

「Audible (オーディブル)」は初回登録後1か月は無料で利用できます(最初の1冊は無料)。まずはお試し、いかがでしょう。

Amazon.co.jp: Audible (オーディブル) を無料体験する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で