【Audible】新潮社と共同制作の“オーディオファースト”第1弾「春のこわいもの」(作:川上未映子)が配信開始

Amazon オーディオブックサービスの「Audible」(オーディブル)は2021年7月15日、新潮社との共同制作“オーディオファースト”作品として、川上未映子さんの書き下ろし長篇小説『春のこわいもの』を配信開始しました。朗読を担当するのは映画やドラマ、舞台等で活躍中の俳優、岸井ゆきのさん。

オーディブルと新潮社は2021年3月に、共同で川上未映子さんと三浦しをんさんの書き下ろし最新刊を制作し“オーディオファースト”作品として配信することを発表していました。そして15日、川上未映子さんが“オーディオファースト”作品として書き下ろした最新作『春のこわいもの』がリリースとなりました。

『春のこわいもの』は、“感染症”大流行直前の日常を舞台に描かれる、6篇の物語。ギャラ飲みや整形手術、孤独など現代を生きる人々が直面するテーマをリアルに表現したストーリーが展開されます。

入院中のわたしがきみに宛てた手紙 ─「青かける青」。
高級ホテルでギャラ飲みの面接を受ける二人の女性 ─「あなたの鼻がもう少し高ければ」。
死期が近づいている老女と大柄な後ろ姿の家政婦 ─「花瓶」。
あなたと生年月日がまったく同じ作家の自殺 ─「淋しくなったら電話をかけて」。
大切な手紙を探しに夜の学校に忍び込む僕と彼女 ─「ブルー・インク」。
高校時代の親友から久しぶりにかかってきた電話に ─「娘について」。

配信価格は 3,000 円。Audible 有料会員は毎月付与されるコイン1枚と交換することができるほか、優待価格 2,100 円で購入可能です。また新潮社と手掛けたオーディブルオリジナル作品となる本作は、英語とドイツ語に翻訳され、各国で配信される予定です。

春のこわいもの
著者 : 川上 未映子(著), 岸井 ゆきの(ナレーション), Audible Studios(出版社)
出版社 : Audible Studios

Audible について

“耳で読む読書”「Audible」は、プロのナレーター、声優、著名人が朗読した本を聴くことができる Amazon のオーディオブックサービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の有料会員は毎月好きなオーディオブック 1 冊と交換できるコインを 1 枚受け取ることができるほか(コインは 1,500 円以上のタイトルにも使えます)、コインを使わず単品購入するときも定価の 30% オフで作品を購入可能。

また Audible でしか聴けないプレミアムなポッドキャストを好きなだけ聴くことができます。

さらに、自由に選べるタイトルとは別に、毎月1冊ボーナスタイトルが無料で受け取れます。ボーナスタイトルは毎月第1火曜日に公開され、1か月間会員向けに無料で配信。期間内にダウンロードすると、以降の月も聴くことができます。

  • 毎月もらえるコインで好きなオーディオブック1冊と交換
  • 毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊が無料でもらえる
  • 聴き放題のプレミアムなポッドキャスト
  • 返品・交換可能
  • 会員なら優待価格(30%オフ)でオーディオブックを購入

最初の1冊は無料 Audible を30日間無料体験

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。