『ヨッシーウールワールド』は、1995年の『ヨッシーアイランド』からはじまった、ヨッシーを主役に据えたアクションゲームシリーズとしては通算5作目のソフト。

ヨッシーのアクションゲームシリーズの歴史も20年ということで、任天堂ヨーロッパから、これまでのシリーズ作品を振り返る “History Trailer” が公開されました。

『ヨッシーアイランド』から20年、ヨッシーアクションを振り返る

1990年の『スーパーマリオワールド』でデビューしたヨッシー。翌1991年にパズルゲーム『ヨッシーのたまご』が発売され、ヨッシーシリーズがスタートしました。アクションゲームとしては1995年の『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』が第1作目。海外タイトルは『Super Mario World 2: Yoshi’s Island』で『スーパーマリオワールド』の続編的な位置づけとなっていましたが、マリオたちが赤ちゃん時代の設定であることや、タマゴ投げやふんばりジャンプといったゲームシステム、手書き風グラフィックなどで独自路線を開拓。1作目にしてヨッシーシリーズのゆるい牧歌的な方向性が確立されました。

そこから1997年のN64『ヨッシーストーリー』、2006年にニンテンドーDSで発売された『ヨッシーアイランド』の続編『ヨッシーアイランドDS』、少し間を置いて2014年にニンテンドー3DSで『ヨッシー New アイランド』が発売され、2015年、遂にWii Uでもヨッシーシリーズが登場。

過去の歴史を振り返るばかりでなく、映像の終盤では新作をしっかり紹介します。

シリーズでおなじみのボス、ビッグドンブリも愛らしい姿で登場。パンツがずり落ちる演出も健在です。

2017年、追加要素を収録した『ポチと! ヨッシー ウールワールド』がニンテンドー3DSで発売されました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で