『Gunman Clive(ガンマンストーリー)』の累計DL数が25万件を突破。大半を3DS版が生成

普及台数で上回るスマートデバイス版の総売上を3DS版が上回ったとして、3DS DLソフトの成功事例として注目を集めた『Gunman Clive』ですが、開発者のBertil Horberg氏はTwitterで、本作の累計DL件数が25万件を突破したことを発表しました。


『Gunman Clive』は、西部劇を舞台にした横スクロールアクション。『ロックマン』シリーズに通ずるステージデザインや、丁寧な作りが好印象の良作です。

日本では『ガンマンストーリー』とタイトルを変え、2013年5月22日にフライハイワークスのローカライズで配信開始。Horberg氏によると、DL件数の大半は3DS版の売り上げだとのこと。また日本市場の売り上げが非常に好調で、その他地域を纏めた数字と同じくらいの売り上げを日本で稼ぎ出しているそうです。

『Gunman Clive』はさらに対応プラットフォームを拡大し、Steamでも配信開始予定。開発者のBertil Horberg氏は、3DSをリードプラットフォームとする『ゼルダの伝説』ライクな見下ろし型の新作を開発中です。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。