ディズニー、ルーカスアーツゲーム部門を閉鎖。今後はライセンスビジネスに移行

ディズニーが『スターウォーズ』シリーズ等で知られるルーカスアーツのゲーム部門を閉鎖して内部開発を凍結し、スタジオのレイオフを行なったことが海外で大きく報じられています。


「ゲーム市場における当社の立ち位置を改めて評価し、ディズニーはルーカスアーツを内部開発からライセンスモデルに移行し、『スターウォーズ』ゲームの幅広いポートフォリオを維持しつつ会社のリスクを最小限に抑えていく決定をしました。この決定を踏まえ、組織のレイオフを行ないました。これまでに新たなタイトルを開発してきた有能なチームを大変誇りに思っていますし、非常に感謝しています」

『Star Wars 1313』など開発中タイトルの安否が気になる所ですが、今後リリースされる可能性も残されているとのこと。

ルーカスアーツは2012年10月に、ルーカスフィルムも含めてディズニーに買収されていました(買収金額は40.5億ドル)。鳴り物入りの買収劇でしたが、ゲーム部門は大きな成果をもたらすことが出来ず。ディズニーは2007年から家庭用ゲームソフトの自社開発や企画・マーケティングを開始したものの、舵取りが難航し、1月末の『Junction Point』に続いての大規模レイオフとなりました。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。