スクエニ特損221億円で影響を受けたタイトルは?『ドラクエ12』に関連との憶測も広まる


Square Enix スクウェア・エニックス

 

スクウェア・エニックスは 2024 年 4 月 30 日、2024年3月期にコンテンツ制作勘定の廃棄損として、特別損失を約 221 億円計上する見込みとなったと発表しました。

市場環境の変化に対応するため開発リソースの選択と集中を行い、HD ゲームタイトルの開発方針を見直します。結果として開発中のパイプラインも整理。一部タイトルは開発中止となり、それまでに投じた開発費を損失として計上したようです。

発表済あるいは未発表なのかどうかも含め、スクエニはどのプロジェクトが影響を受けたのか発表していません。

2024年3月期の連結業績見通しについては他の要因も含めて現在精査中であるとしています。

『ドラクエ12』にも影響?

特損が約 221 億円と巨額であるため、開発が発表されながら、それ以降何年も音沙汰のない複数の『ドラゴンクエスト』関連プロジェクト、中でもシリーズ最新作『ドラゴンクエスト12』にも関連しているのではないかとの憶測を呼んでいます。『ドラクエ12』に関してはプロジェクトの難航や立て直しが噂になったこともありました。

スクエニ最大のフランチャイズのひとつであり、新作を待つファンも多いドラクエ。今回の影響がないのであればファンを安心させる声明がほしいところです。


この記事をシェアする

Next

Previous