【アナザーコード】スイッチ向けフルリメイクの進化したポイント・変更点、DS/Wii期の“さわれる推理小説”


アナザーコード リコレクション:2つの記憶 / 記憶の扉 Another Code: Recollection

 

“さわれる推理小説” 2作品が、Nintendo Switch で蘇る。

2005年にニンテンドーDSで発売された『アナザーコード 2つの記憶』と、その 2 年後を描く続編として 2009 年に Wii で発売された『アナザーコード: R 記憶の扉』が、Nintendo Switch 向けにフルリメイク。『アナザーコード リコレクション:2つの記憶 / 記憶の扉』として 2 作品をまとめたコレクションが2024年1月19日に発売。

推理小説を読むように謎を解き明かす、両親の行方を追う少女アシュレイの物語を再び。

『アナザーコード リコレクション:2つの記憶 / 記憶の扉』とは

『アナザーコード リコレクション:2つの記憶 / 記憶の扉』はニンテンドーDSとWiiで発売された『アナザーコード』2作品をリメイクして1本にまとめたコレクションタイトルです。別々のハードで発売された関係で一方を遊べずにいたなどする場合、本作は一挙に遊べる機会です。

特徴・変更点

『アナザーコード リコレクション』は原作をベースにフルリメイクし、『アナザーコード 2つの記憶』『アナザーコード: R 記憶の扉』2作品をまとめて収録したコレクションタイトル。全面的に刷新されたビジュアルや、3D マップが採用され原作版以上に自由な移動や探索が可能になっているほか、キャラクターボイスも追加され演出面も強化。謎解きも新しくなっているので新鮮に楽しめます。

また初心者向けのヒント・ナビゲーション機能も追加され遊びやすさにも配慮されています。

さらに、原作版では語られなかったシナリオの一部加筆があるのも嬉しいところ。イベントやBGMの追加など、多くの要素が一新された現代版『アナザーコード』となっています(任天堂トピックスにおいては“あらゆる要素が一新”)。

▼あらすじ:2つの記憶 篇
幼い頃に両親を亡くした13歳の少女「アシュレイ」のもとに、一通の手紙が届く。差出人は、死んだはずの父「リチャード」だった。手紙の真相を確かめるため、父が待つという「ブラッド・エドワード島」へと向かったアシュレイ。そこで待ち受けていたのは、謎や仕掛けに満ちた巨大な屋敷と、記憶を失くした少年「ディー」との出会いだった……。

▼あらすじ:記憶の扉 篇
【2つの記憶 篇】から2年後、16歳の高校生へと成長したアシュレイ。自然豊かな「ジュリエット・レイク」に足を運んだ彼女は、幼い頃に母「サヨコ」とこの場所を訪れていたことを思い出す。そんな中、年下の家出少年との出会いをきっかけに、数年前にジュリエット・レイクで起きた「ある事件」の真相に迫っていく。


この記事をシェアする

Next

Previous