【Wii U】修理サービスがまもなく終了へ、修理サービス規程に定める修理用部品の保有期間が経過


 

任天堂は家庭用ゲーム気「Wii U」本体およびコントローラー Wii U GamePad を含む周辺機器について、部品在庫がなくなり次第修理サービスを終了すると発表しました。対象は Wii U 本体(全色)と Wii U で使える周辺機器(Wii U GamePadなど)。理由は Wii U の修理サービス規程に定める修理用部品の保有期間が経過したため。

具体的な修理受付終了日は修理受付状況により変動するため案内されていません。ただ修理に必要な部品の在庫には限りがあるため、任天堂はユーザーに対して、Wii U 本体や周辺機器の修理を検討している場合は、早めに修理申し込みをするよう案内しています。

修理サービス規程によると修理用部品の保有期間は製品製造終了から6年間。Wii U は 2017 年 1 月 31 日に日本国内での生産が終了したため、2023 年 5 月時点ですでにその 6 年間を過ぎています。

関連キーワード

share