【比較】11インチディスプレイ搭載「Fire Max 11」登場、「Fire HD 10」や「Fire HD 8」との違いは


Fire Max 11 - 2023年 第13世代

 

Amazon から Fire タブレットシリーズの新モデル「Fire Max 11」(ファイアーマックスイレブン)が登場。11インチ2K(2,000 x 1,200、213ppi)解像度の大画面ディスプレイを備えスタイラスペンにも対応する、これまでの Fire タブレットシリーズで最もパワフルなタブレットです。

発売日は6月14日で、価格は64GBモデルが34,980円(税込)、128GBモデルが39,980円(税込)。

Fire タブレットシリーズの流れとして順当な進化を見せている「Fire Max 11」。以前のモデルとどこが変わったのでしょうか。

  • Fireタブレット史上最も大きい11インチディスプレイ(2K、213ppi)
  • 最大2.2GHz オクタコアプロセッサ / 4GB RAM / 最大128GBの内部ストレージ / 最大14時間持続するバッテリー
  • 薄くスリムなデザイン、アルミニウムボディ

Fire タブレット史上最大、かつ最もパワフル

Fire Max 11

これまで10.1インチ(1080p解像度)が最大だった Fire タブレットシリーズに、より大型な11インチの「Fire Max 11」が登場しました。

11インチ2K解像度ディスプレイ

ディスプレイは Fire タブレットとして最大の11インチ。解像度は2K(2,000 × 1,200、213ppi)のくっきり鮮やかな画質。低ブルーライトの認証付き。

パワフルなパフォーマンス

CPU はオクタコアプロセッサと4GBのRAMで、Fire 10 Plus と比べ約50%高速化。Wi-Fi6対応と最大2.2Ghzで高速な次世代型ワイヤレス接続が可能に。

8コアプロセッサ – 2x Arm Cortex-A78 (最大2.2GHz)、6x Arm Cortex A55 (最大2GHz)

薄くてスタイリッシュなデザイン

サイズは259 x 164 x 7.5mm。重さは490g。他Fireタブレットと比べて1mm以上厚みが薄くなった(Fire 7 や Fire HD 8 と比べると2mm以上)スリムなデザインと耐久性のあるアルミニウムボディが特長。ディスプレイには他のFireタブレットシリーズ同様の強化ガラスが採用されています。ベゼル(縁)も細くなりました。これまでより iPad に近づきました。

長稼働バッテリーの搭載

7500mAhバッテリーを搭載し、バッテリー駆動時間は最大14時間に。Prime Video やNetflix、U-NEXT、ディズニープラスなどの動画サービスに加え音楽や電子書籍などのサービスも大画面で楽しめます。

最大128GBの内蔵ストレージ

内蔵ストレージ(本体保存容量)は64GBと128GBから選択可能(使用可能領域は53.57GB/115GB)。より余裕をもってコンテンツを本体に保存できます。不足する場合はmicroSDカードを使って最大1GBまで拡張できます。

画面分割モードでマルチタスク

大画面ならではの画面分割モードを使って、Zoom や Microsoft Teams で通話をしながら One Noteでメモを取ったり、キーボードを使ってメール送信したり、ライフスタイルにあわせて、マルチタスクを並行して作業することができます。

指紋センサー

Fire タブレットとして初めて指紋認証技術を搭載。指紋センサーが電源ボタンに内蔵されており、触れるだけで簡単にロックを解除することができます。

8メガピクセル カメラ

カメラ性能が大幅進化。フロントとリア両方に8メガピクセルカメラが搭載されています。1080p のHDビデオ録画、背面オートフォーカスに対応。ビデオ通話がより鮮明に快適に。

Alexa

もちろん Alexa (アレクサ)にも対応。Alexa に話しかけてビデオや音楽、アプリ、買い物、天気、Alexa対応家電などを操作できます。友人や家族への呼びかけもハンズフリーで簡単に。Showモードにも対応しているので、Echo Show などスマートディスプレイのように利用することも可能です。

ホーム画面下のナビゲーションバー左にあるスマートホームアイコンをタップして表示されるダッシュボードを使って、Alexaアプリで設定済みの照明、カメラ、プラグ、スイッチを簡単にコントロールすることができます。

ドアベルとセキュリティカメラ「Ring」との連携

Fire Max 11 は Ring のドアベル、セキュリティカメラとつながる Ring アプリにも対応。これにより Fire Max 11 で映画を楽しんでいる間でも、Ring アプリを設定していれば外出中、在宅中問わず、訪問者がドアベルを鳴らした際に Fire Max 11 で玄関の訪問者の応対をしたり、カメラがモーション検知をした際に部屋の様子を確認したり、外出中のペットの留守番の様子を外から確認したりすることが可能です。

環境にやさしい設計

Fire Max 11はサステナビリティを考慮してデザインされており、再生可能なアルミニウム55%、再生利用プラスチック34%で設計され(ケーブルは含まれません)、98%再生利用パッケージが使用されています。

スタイラスペン対応

スタイラスペンを使って Picsart などのアプリケーションで絵を描いたり、静止画にデザインを加えたり、Microsoft 365 で書類に手書きでマークしたり、One Noteでスケッチをしたり、メディバンペイントでクリエイティブなイラストを作成し、共有したりすることも可能です。

Write to Type機能では、スタイラスペンを使い、あらゆるテキストフィールドに自然に手書き入力するだけでタイプ入力に変換することができます。スタイラスペンは交換可能な電池を使用しており、最長 6 か月間連続使用可能です。

スタイラスペンの価格は4,980円(税込)。

キーボード付きカバー(日本語配列)

キーボードにはカスタマイズ可能な2つのショートカットキーと、あらかじめプログラムされた15個のショートカットキーが用意されており、お気に入りのタスクを簡単に行えます。またトラックパッドが付いているので、トラックパッドジェスチャーで素早い操作も可能です。

キーボードは Fire タブレットにマグネット式で接続でき、セットアップが不要ですぐに使い始めることができます。バックカバーはハンズフリーで視聴、読書、ビデオ通話ができるスタンドとしても活用できます。

キーボード付きカバーの価格は10,980円(税込)。

Microsoft 365 Personal

また Fire Max 11 には「Microsoft 365 Personal」が 3 か月無料で付属します。Microsoft 365 Personal を利用するとWord や PowerPoint、Excel に加えて、1 TB のクラウド ストレージ、クロスデバイスでの作業、およびセキュリティ機能の利用が可能です (無料利用期間終了後は1,284円/月、12,984円/年の有料期間に自動更新、詳細は利用規約をご覧ください)。

Google Play 対応は?

Fire タブレットは Google Play をサポートしていないため、Google Play ストアから Android アプリをダウンロードすることはできません。非公式で Google Play を動作させる方法も以前はありましたが、Fire OS 8 以降への更新で動かないアプリも多く、安価な Android タブレットとして Fire タブレットを購入するのはオススメできません。アプリの利用は Amazon アプリストアから(対応アプリ一覧はこちらから)。

また Fire タブレットは GPS を搭載していないため、動作に GPS を必要とする機能には対応していません。

その他気になること

ワイヤレス充電に対応している?

Fire Max 11は Fire HD 10 Plus や Fire HD 8 Plus 等のデバイスで利用できるワイヤレス充電に対応しておらず、USB-C (2.0)ケーブルを使って充電します。満充電までは付属の9W充電アダプタで約 4.2 時間。

画面起動時の広告を非表示にできるかどうか

画面起動時の広告は、非表示にすることができます。設定画面の「アプリと通知」から「Amazonアプリの設定」を選択して「広告」をタップ。「ロック画面の広告」から広告表示のオン/オフを切り替えることができます。

Microsoft 365 Personal の 3カ月無料体験の適用条件

付属の「Microsoft 365 Personal(3か月無料体験)」が適用条件があり、過去1年以内にMicrosoft 365 Personalの契約がない新規ユーザーに対して適用されます。無料・有料体験を過去1年以内に契約していた場合は利用できません。その他利用条件の詳細については、別途Microsoft 365 Personalの利用規約をご確認ください。

従来モデルとの比較

Fire Max 11 と Fire HD 10 / Fire HD 10 Plus、Fire HD 8 との違いを比較

現行 Fire HD 10 / 10 Plus (2021年、第11世代)や Fire HD 8 Plus(2022年、第12世代)との比較は次の通りです。

Fire Max 11
(第13世代)
Fire HD 10
(第11世代)
Fire HD 10 Plus
(第11世代)
Fire HD 8 Plus
(第12世代)
ディスプレイ11インチ
2000×1200
213ppi
10.1インチ
1920×1200
224ppi
10.1インチ
1920×1200
224ppi
8インチ
1280×800
189ppi
CPU8コア
2×2.2GHz、6×2.0GHz
8コア
2.0GHz
8コア
2.0GHz
6コア
2.0GHz
RAM4GB3GB4GB3GB
ストレージ64GB / 128GB32GB / 64GB32GB / 64GB32GB / 64GB
サイズ259 x 164 x 7.5 mm247 x 166 x 9.2mm247 x 166 x 9.2mm202 x 137 x 9.6mm
重量490g465g468g342g
バッテリー最大14時間最大12時間最大12時間最大13時間
ワイヤレス充電
microSDカード最大1TB最大1TB最大1TB最大1TB
カメラフロント : 8MP
リア : 8MP
フロント : 2MP
リア : 5MP
フロント : 2MP
リア : 5MP
フロント : 2MP
リア : 5MP
USBポートUSB-C (2.0)USB-C (2.0)USB-C (2.0)USB-C (2.0)
Showモード
Wi-Fi6対応
価格34,980円〜19,980円〜22,980円〜15,980円〜
保証1年間1年間1年間1年間

発売記念、コンテンツクーポン 4,000 円分プレゼント

Fire Max 11 の発売を記念して、コンテンツクーポン 4,000 円分がもらえるキャンペーンが実施されます。期間は2023年6月13日まで。対象商品は「Fire Max 11」。キャンペーン期間内に対象商品を購入すると、Kindle本購入に使える2,000円クーポンと、Prime Videoのレンタル・購入に使える2,000円クーポンがアカウントに登録されます。クーポンは6月14日〜8月13日までの間利用可能。

コンテンツクーポン4,000円分プレゼント


share