【比較】『メトロイドプライム』Nintendo Switchリマスター版の特徴やGC・Wii版との違い、グラフィク刷新や新たな操作方法への対応などリメイク級


メトロイドプライム リマスタード

 

  • 『メトロイドプライム リマスタード』発表&ダウンロード版先行配信開始
  • シリーズ原点が Nintendo Switch で蘇る
  • リメイクに近いリマスター

任天堂は2023年2月9日、『メトロイドプライム リマスタード』(Metroid Prime Remastered)を発表。あわせてダウンロード版の先行配信を開始しました。パッケージ版は2023年3月3日発売予定。

『メトロイドプライム』シリーズは、主観視点で進む探索型3Dシューティング(当時はファーストパーソン・アドベンチャーの略としてFPA)。2Dの『メトロイド』シリーズとは異なるもうひとつの『メトロイド』です。シリーズの時間軸としては初代『メトロイド』と『メトロイドII』の間に起きた出来事ということになっています。

『メトロイドプライム』原点がスイッチに登場

最新作『メトロイドプライム4』が鋭意開発中の『メトロイドプライム』シリーズですが、原点となる第1作目のリマスター版が Nintendo Switch に登場。半ば願望も入り混じりながら出るぞ出るぞと何度も言われてきた『メトロイドプライム』のリマスター版が、ついに発表&発売されました。

『メトロイドプライム リマスタード』の特徴、GC・Wii版との新旧比較

Nintendo Switch版ではグラフィックが HD 品質に一新。元のゲームを高解像度化しただけでなく、そもそもテクスチャが新しいものに変更されていたり、新たなアニメーション、ライティング、ポストエフェクト、ジオメトリ、物理演算の改善、演出の強化など大きな変更が加えられています。オーディオもリマスターされています。解像度はTVモード時900p、携帯モード時は612p。フレームレートはいずれの場合も60fpsです。

操作方法も新たなスタイルが導入。ゲームキューブで発売された原作に近い操作方法だけでなく、移動と視点をスティックで別々に操作できる「デュアルスティック操作」が新たに追加されました。さらにジャイロ機能による直感的な操作にも対応。オリジナルからWiiでのポインティング操作に近いもの、そして新しく導入された操作方法まで、好みの遊び方で楽しめます。

複数の難易度オプションで探索に集中することができます。

オリジナル版やリマスター版の開発時に作成されたサウンドトラックやギャラリーをアンロックして楽しめるボーナスコンテンツも収録。


この記事をシェアする

Next

Previous