【欧州売上】2022年のゲーム市場は前年から減少に転じる、ハード販売25%減

ニンテンドースイッチ 有機ELモデル Nintendo Switch OLED Model

ヨーロッパでは2022年に1億5,900万本のソフトウェアが販売され、2021年と比べて 7.1%減少しました。うち 8,250 万本はデジタル販売によってもたらされました。GSD調査による数字で、パッケージ版とデジタル版の両方が含まれます。パッケージ版売上に関してはヨーロッパ主要国における売上が含まれ、デジタル版は主要AAAパブリッシャーのデジタル売上が含まれます(任天堂やインディーの数字は除く)。

ソフト売上

前年比でマイナスとなった2022年ですが、新作ソフトの売上を比較すると2022年の新作は2021年新作と比べ16%増でした。『FIFA 23』の売上は『FIFA 22』と比べ3%増、『Call of Duty: Modern Warfare 2』は『Call of Duty: Vanguard』と比べ73%近く増加しました。『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』は2021年の『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』と比べて13%増加しており、本編前作の『ポケットモンスター ソード・シールド』と比べても8%増加しています。

また国別の売上ではイギリスがドイツを抜いて、2022年のヨーロッパで最も大きなゲーム市場でした。ただし売上は前年から6%減、ドイツは13%減、3位のフランスも3%減少しました。ゲーム市場の大きな国の中ではスペインが1%増、イタリアも2%増と前年を上回りました。

国によってソフトの売れ方に違いがあるのも興味深いところで、イギリスでは『FIFA』『Call of Duty』『LEGO Star Wars』『エルデンリング』などが好調だったのに対し、ドイツやフランスでは『Pokémon Legends: アルセウス』『マリオカート』『Nintendo Switch Sports』『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』といった Nintendo Switch タイトルが人気でした。

2022年にヨーロッパで最も売れたソフトは『FIFA 23』。前作『FIFA 22』も5位に入るなど好調でした。ワールドカップの盛り上がりも後押し。『FIFA 23』はフィンランドを除いてほぼすべての主要市場で年間1位を獲得したそうです

GSD ヨーロッパ年間トップ20(ダウンロード版+パッケージ版合算)

  1. FIFA 23
  2. Call of Duty: Modern Warfare 2
  3. エルデンリング
  4. Grand Theft Auto V
  5. FIFA 22
  6. Pokémon Legends: アルセウス*
  7. God of War Ragnarok
  8. LEGO Star Wars: The Skywalker Saga
  9. Horizon: Forbidden West
  10. Gran Turismo 7
  11. マリオカート8 デラックス*
  12. Red Dead Redemption 2
  13. Nintendo Switch Sports*
  14. ポケットモンスター バイオレット*
  15. F1 22
  16. ポケットモンスター スカーレット*
  17. Minecraft: Nintendo Switch Edition
  18. Assassin’s Creed Valhalla
  19. 星のカービィ ディスカバリー*
  20. マリオパーティ スーパースターズ*

『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』はバージョンごとに個別集計されている関係でトップ10から漏れていますが、合算すると6位に入り『Pokémon Legends: アルセウス』を上回るとのこと。『星のカービィ ディスカバリー』が19位に入っている躍進も注目したいところ。

ハード売上について

ハード販売では Nintendo Switch が引き続き好調で、最も売れたハードとなりました(主要国のうちイギリスとドイツのデータを含まず)。集計可能な地域において、年間で530万台のハードが販売され、前年と比べ25%減少しました。スイッチは前年と比べ15%減。PlayStation 5 は35%減とこちらも売上ダウン。Xbox Series X|S は唯一売上を伸ばして4.4%増。しかし売上は第3位でした。

スイッチはほとんどすべての国で売上 1 位となりました。PS5 はデンマークとスウェーデンで1位、ノルウェーではXbox Series X|S が 1 位でした。

周辺機器は10%減の1,800万個が販売。最も売れた周辺機器はPS5 DualSense ワイヤレスコントローラーで、前年比で12%増。次いでPS4 DualShock コントローラー(3.2%減)、Nintendo Switch Joy-Con(23.7%減)、Xbox ワイヤレス コントローラー(32.2%)が続いています。コントローラー以外で最も売れたのは PULSE 3D ワイヤレスヘッドセット(3.6%減)。ポイントカード/ウォレットに関しては2,240万枚が販売され、前年比では8%減でした。

share