【NPD】2022年7月の米ゲーム市場は9%減、ワーナーの“スマブラ”風F2P『MultiVersus』が1位獲得

2022年7月の米国ゲーム市場規模 NPD

NPD グループから2022年7月の米国ゲーム市場規模の速報値が報告。ハードウェアの売上が改善し、前年同月比12%増の3.6億ドルとなりました。全体では巣ごもり消費の落ち着きもあり、9%減の41.8億ドルでした。

2022年7月 米国ゲーム市場動向

市場規模(2022年7月)
  • コンテンツ : 36億6,800万ドル(▲10%)
  • ハードウェア : 3億6,200万ドル(+9%)
  • 周辺機器類 : 1億4,800万ドル(▲22%)
  • トータル : 41億7,700万ドル(▲9%)
※コンテンツにはコンソールやクラウド、モバイル、携帯機、PC、VRのパッケージ及びデジタルのゲーム本編、DLC/MTX、サブスクリプションが含まれます。
※モバイルの集計データはSensor Tower提供
市場規模(2022年1-7月)
  • コンテンツ : 267億6,100万ドル(▲10%)
  • ハードウェア : 24億9,400万ドル(▲7%)
  • 周辺機器類 : 12億0,300万ドル(▲15%)
  • トータル : 304億5,800万ドル(▲10%)

経済活動の再開と急激な物価高が交錯するなか、2022年7月の米国ゲーム市場は2021年7月と比較して9%減の41億7,700万ドルでした。モバイル市場を含めてコンテンツ向け消費は減少傾向にありますが、ハードウェアの売上は増加。しばらく続いてきた半導体不足や物流の混乱などの問題が、ある程度改善された可能性があります。

ソフトウェア

MultiVersus

月間トップ20

  1. (–) MultiVersus – Warner Bros. Interactive
  2. (1) Elden Ring (エルデンリング)* – バンダイナムコエンターテインメント
  3. (2) LEGO Star Wars: The Skywalker Saga – Warner Bros. Interactive
  4. (–) Xenoblade Chronicles 3(ゼノブレイド3)* – 任天堂
  5. (11) Call of Duty: Vanguard – Activision Blizzard
  6. (4) MLB: The Show 22# – 複数メーカー
  7. (6) Mario Kart 8: Deluxe (マリオカート8 デラックス)* – 任天堂
  8. (–) Digimon Survive(デジモン サヴァイブ) – バンダイナムコエンターテインメント
  9. (10) Minecraft – 複数メーカー
  10. (12) F1 22 – Electronic Arts
  11. (8) Kirby and the Forgotten Land (星のカービィ ディスカバリー)* – 任天堂
  12. (15) Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)* – 任天堂
  13. (22) Animal Crossing: New Horizons (あつまれ どうぶつの森)* – 任天堂
  14. (5) Overwatch – Activision Blizzard
  15. (18) Pokémon Legends: Arceus (Pokémon LEGENDS アルセウス)* – 任天堂
  16. (7) Nintendo Switch Sports* – 任天堂
  17. (25) Call of Duty: Black Ops: Cold War – Activision Blizzard
  18. (24) Far Cry 6 – Ubisoft
  19. (37) Call of Duty: Black Ops III – Activision Blizzard
  20. (13) Monster Hunter: Rise (モンスターハンターライズ) – カプコン
*デジタル販売を含まず #XboxとSwitch版はデジタル販売を含まず

2022年7月の月間チャートを制したのはワーナーの『MultiVersus』。引き続き上位をキープする『エルデンリング』や『LEGO Star Wars: The Skywalker Saga』を上回るセールスで初登場1位を獲得しています。

『MultiVersus』はバットマンやスーパーマン、ワンダーウーマンなどの DC ユニバースキャラクターや、バックスバーニー、トムとジェリーといったワーナー・ブラザース関連のキャラクターが多数登場し大乱戦を繰り広げる、任天堂の『大乱闘スマッシュブラザーズ』のようなアクションゲーム。

ゲーム本編は基本プレイ無料で配信されていますが、有料の「Founders Packs」の売上が大きく牽引してトップに。『MultiVersus』はすでに 1,000 万人以上のプレイヤーを獲得しているとされ、さらなる配信国の拡大やコンテンツ拡充が期待されています。

Nintendo Switch の期待作『ゼノブレイド3』は4位でデビュー。『エルデンリング』および『LEGO Star Wars: The Skywalker Saga』の牙城を崩すことはできませんでしたが、好調な滑り出しとなっています。『ゼノブレイド3』はスイッチソフトとして7月に最も売れたソフトでした。

その他の新作では『デジモンサヴァイブ』が8位でデビューを飾っています。

2022年 年間チャート(1-7月)

  1. (1) Elden Ring (エルデンリング)* – バンダイナムコエンターテインメント
  2. (2) LEGO Star Wars: The Skywalker Saga – Warner Bros. Interactive
  3. (3) Pokémon Legends: Arceus (Pokémon LEGENDS アルセウス)* – 任天堂
  4. (4) Horizon II: Forbidden West – SIE
  5. (5) MLB: The Show 22# – 複数メーカー
  6. (6) Call of Duty: Vanguard – Activision Blizzard
  7. (7) Gran Turismo 7 – SIE
  8. (8) Kirby and the Forgotten Land(星のカービィ ディスカバリー)* – 任天堂
  9. (9) Mario Kart 8: Deluxe (マリオカート8 デラックス)* – 任天堂
  10. (10) Madden NFL 22 – Electronic Arts
  11. (12) Minecraft – 複数メーカー
  12. (11) Nintendo Switch Sports* – 任天堂
  13. (13) FIFA 22 – Electronic Arts
  14. (14) Marvel’s Spider-Man: Miles Morales – SIE
  15. (15) Monster Hunter: Rise (モンスターハンターライズ) – カプコン
  16. (17) Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)* – 任天堂
  17. (16) Animal Crossing: New Horizons (あつまれ どうぶつの森)* – 任天堂
  18. (19) Call of Duty: Black Ops: Cold War – Activision Blizzard
  19. (18) Mario Party Superstars (マリオパーティ スーパースターズ)* – 任天堂
  20. (20) Dying Light 2: Stay Human* – スクウェア・エニックス
*デジタル販売分を含まず #Xbox版とSwitch版のデジタル販売分を含まず

過去12か月の売上トップ10

  1. (1) Elden Ring (エルデンリング)* – バンダイナムコエンターテインメント
  2. (2) Call of Duty: Vanguard – Activision Blizzard
  3. (3) Madden NFL 22 – Electronic Arts
  4. (4) Pokemon: Brilliant Diamond/Shining Pearl (ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール)* – 任天堂
  5. (5) LEGO Star Wars: The Skywalker Saga – Warner Bros. Interactive
  6. (6) Battlefield 2042 – Electronic Arts
  7. (7) FIFA 22 – Electronic Arts
  8. (8) Far Cry 6 – Ubisoft
  9. (9) Pokémon Legends: Arceus (Pokémon LEGENDS アルセウス)* – 任天堂
  10. (11) Horizon II: Forbidden West – SIE
*デジタル販売分を含まず

任天堂プラットフォーム 売上トップ10

  1. (–) Xenoblade Chronicles 3(ゼノブレイド3)* – 任天堂
  2. (2) Mario Kart 8: Deluxe (マリオカート8 デラックス)* – 任天堂
  3. (4) Kirby and the Forgotten Land(星のカービィ ディスカバリー)* – 任天堂
  4. (5) Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)* – 任天堂
  5. (9) Animal Crossing: New Horizons (あつまれ どうぶつの森)* – 任天堂
  6. (7) Pokémon Legends: Arceus (Pokémon LEGENDS アルセウス)* – 任天堂
  7. (3) Nintendo Switch Sports* – 任天堂
  8. (–) Live A Live (ライブ ア ライブ)* – スクウェア・エニックス
  9. (–) Digimon Survive (デジモン サヴァイブ) – バンダイナムコエンターテインメント
  10. (11)Mario Party Superstars (マリオパーティ スーパースターズ)* – 任天堂
*デジタル販売分を含まず

任天堂プラットフォームでは『ライブアライブ』の HD-2D リメイクが 8 位に初登場。

PlayStation プラットフォーム 売上トップ10

  1. (1) Elden Ring (エルデンリング)* – バンダイナムコエンターテインメント
  2. (2) MLB: The Show 22 – SIE
  3. (–) MultiVersus – Warner Bros. Interactive
  4. (9) Call of Duty: Vanguard – Activision Blizzard
  5. (12) Minecraft – Microsoft
  6. (5) Horizon II: Forbidden West – SIE
  7. (11) F1 22 – Electronic Arts
  8. (10) Gran Turismo 7 – SIE
  9. (3) LEGO Star Wars: The Skywalker Saga – Warner Bros. Interactive
  10. (4) Marvel’s Spider-Man: Miles Morales – SIE
*デジタル販売分を含まず

Xbox プラットフォーム トップ10

  1. (–) MultiVersus – Warner Bros. Interactive
  2. (1) Elden Ring (エルデンリング)* – バンダイナムコエンターテインメント
  3. (5) Call of Duty: Vanguard – Activision Blizzard
  4. (9) Call of Duty: Black Ops III – Activision Blizzard
  5. (2) LEGO Star Wars: The Skywalker Saga – Warner Bros. Interactive
  6. (3) Overwatch – Activision Blizzard
  7. (8) Call of Duty: Modern Warfare (2019) – Activision Blizzard
  8. (7) Call of Duty: Black Ops: Cold War – Activision Blizzard
  9. (4) F1 22 – Electronic Arts
  10. (10) Forza Horizon 5 – Microsoft

ハードウェア

供給問題が一定程度改善したハードウェア市場は12%増加して3億6,200万ドルを販売。売上を牽引したのは金額面では PlayStation 5、台数面では Nintendo Switch でした。PlayStation 5 / Xbox Series X|S の売上高は、それぞれ1年前の同時期と比較して二桁増。供給量が増えています。

PlayStation 5 (CFI-1100A01)
メーカー: ソニー・インタラクティブエンタテインメント

周辺機器・アクセサリ

周辺機器・アクセサリ類の売上は22%ダウンの1億4,800万ドルでした。特にコントローラーへの支出が鈍ったことが響きました。ただそれでも「PS5 DualSense」は7月の売上トップ。「Xbox Elite Series 2 Wireless Controller」は2022年のアクセサリー売上トップを維持しています。

share

Amazon おすすめ情報

Kindle Unlimited 読み放題

「Kindle Unlimited」は、月額 980 円で小説やコミック、ビジネス本、実用書、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が読めるサブスクサービス(定額制読み放題サービス)。初めての方は30日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセルでき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

Kindle Unlimited を無料体験

Amazon Music Unlimited

「Amazon Music Unlimited」は月額 880 円(Amazonプライム会員の場合。一般会員は月額 980 円)から利用できる、9,000 万曲以上を高音質で楽しめるサブスクサービス(定額制音楽配信サービス)。初めての方は 30 日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセル・プラン変更でき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

Amazon Music Unlimited