【NPD】2022年6月の米ゲーム市場は『エルデンリング』が首位、ハード売上台数はスイッチが1位に

NPD 2022年6月 米国ゲーム市場規模

NPDグループから、2022年6月の米国ゲーム市場規模に関するレポートが報告されています。外向きの経済活動が活発になるにつれ、ゲーム産業への支出は徐々に落ち着いてきており、6 月の売上高は前年同月比11%ダウンの43億3,500万ドルと下落傾向が継続しています。

NPDのアナリストMat Piscatella氏によるとサブスクリプションサービスは数少ない伸びている分野。ただ全体の減少を補う規模ではありません。

2022年6月 米国ゲーム市場規模

2022年6月 米国ゲーム市場規模
  • コンテンツ : 37億8,900万ドル(▲11%)
  • ハードウェア : 3億7,100万ドル(▲8%)
  • 周辺機器類 : 1億7,600万ドル(▲15%)
  • トータル : 43億3,500万ドル(▲11%)
※コンテンツにはコンソールやクラウド、モバイル、携帯機、PC、VRのパッケージ及びデジタルのゲーム本編、DLC/MTX、サブスクリプションが含まれます。
※モバイルの集計データはSensor Tower提供
2022年1-6月 米国ゲーム市場規模
  • コンテンツ : 230億9,300万ドル(▲10%)
  • ハードウェア : 23億1,000万ドル(▲9%)
  • 周辺機器類 : 10億5,000万ドル(▲14%)
  • トータル : 262億7,300万ドル(▲10%)

2022年も上半期が終了。前半の売上高は263億ドルで、2021年の同じ期間と比べ市場規模は10%縮小しました。

ソフトウェア

2022年6月 月間売上トップ20

  1. (1) Elden Ring (エルデンリング)* – バンダイナムコエンターテインメント
  2. (2) LEGO Star Wars: The Skywalker Saga – Warner Bros. Interactive
  3. (–) Mario Strikers: Battle League (マリオストライカーズ バトルリーグ)* – 任天堂
  4. (5) MLB: The Show 22# – 複数メーカー
  5. (57) Overwatch – Activision Blizzard
  6. (8) Mario Kart 8: Deluxe (マリオカート8 デラックス)* – 任天堂
  7. (3) Nintendo Switch Sports* – 任天堂
  8. (6) Kirby and the Forgotten Land (星のカービィ ディスカバリー)* – 任天堂
  9. (159) Final Fantasy VII: Remake – スクウェア・エニックス
  10. (11) Minecraft – 複数メーカー
  11. (7) Call of Duty: Vanguard – Activision Blizzard
  12. (–) F1 22 – Electronic Arts
  13. (30) Monster Hunter: Rise (モンスターハンターライズ) – カプコン
  14. (56) Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba: The Hinokami Chronicles (鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚) – セガ
  15. (14) Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)* – 任天堂
  16. (–) Fire Emblem Warriors: Three Hopes (ファイアーエムブレム無双 風花雪月)* – 任天堂
  17. (–) Sonic Origins – セガ
  18. (10) Pokémon Legends: Arceus (Pokémon LEGENDS アルセウス)* – 任天堂
  19. (–) The Quarry* – Take Two Interactive
  20. (28) Marvel’s Spider-Man: Miles Morales – SIE
*デジタル販売分は含まず

月間チャートを制したのは今月もバンダイナムコ/フロム・ソフトウェアの『エルデンリング』でした。『エルデンリング』は過去12か月および2022年1-6月の売上でもトップを維持し続けています。2位には『LEGO Star Wars: The Skywalker Saga』が続いています。

新作では『マリオストライカーズ バトルリーグ』が3位、『F1 22』が12位、『ファイアーエムブレム無双 風花雪月』が16位、『ソニックオリジンズ』が17位、『The Quarry(クアリー ~悪夢のサマーキャンプ)』が19位でそれぞれデビュー。5タイトルがトップ20に食い込みました。

2022年6月はまた、旧作タイトルが急上昇をはたす興味深い月でもありました。『FF7リメイク』は159位から9位に。『Overwatch』も57位から5位へと上昇。E3 は開催されませんでしたが、イベントや続編発表により、関連タイトルが活性化しています。

また Nintendo Switch 版が発売された『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』は56位から14位へ、大型拡張コンテンツ『モンスターハンターライズ:サンブレイク』が発売された『モンスターハンターライズ』は30位から13位へと順位を上げています。

過去12か月間の売上トップ10

  1. (1) Elden Ring (エルデンリング)* – バンダイナムコエンターテインメント
  2. (2) Call of Duty: Vanguard – Activision Blizzard
  3. (3) Madden NFL 22 – Electronic Arts
  4. (4) Pokemon: Brilliant Diamond/Shining Pearl (ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール)* – 任天堂
  5. (5) LEGO Star Wars: The Skywalker Saga – Warner Bros. Interactive
  6. (6) Battlefield 2042 – Electronic Arts
  7. (7) FIFA 22 – Electronic Arts
  8. (8) Far Cry 6 – Ubisoft
  9. (9) Pokémon Legends: Arceus (Pokémon LEGENDS アルセウス)* – 任天堂
  10. (11) Horizon II: Forbidden West – SIE
*デジタル販売分を含まず

2022年1-6月 売上トップ20

  1. (1) Elden Ring (エルデンリング)* – バンダイナムコエンターテインメント
  2. (2) LEGO Star Wars: The Skywalker Saga – Warner Bros. Interactive
  3. (3) Pokémon Legends: Arceus (Pokémon LEGENDS アルセウス)* – 任天堂
  4. (4) Horizon II: Forbidden West – SIE
  5. (5) MLB: The Show 22# – 複数メーカー
  6. (6) Call of Duty: Vanguard – Activision Blizzard
  7. (7) Gran Turismo 7 – SIE
  8. (8) Kirby and the Forgotten Land(星のカービィ ディスカバリー)* – 任天堂
  9. (9) Mario Kart 8: Deluxe (マリオカート8 デラックス)* – 任天堂
  10. (10) Madden NFL 22 – Electronic Arts
  11. (13) Nintendo Switch Sports* – 任天堂
  12. (12) Minecraft – 複数メーカー
  13. (11) FIFA 22 – Electronic Arts
  14. (14) Marvel’s Spider-Man: Miles Morales – SIE
  15. (15) Monster Hunter: Rise (モンスターハンターライズ) – カプコン
  16. (17) Animal Crossing: New Horizons (あつまれ どうぶつの森)* – 任天堂
  17. (19) Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)* – 任天堂
  18. (18) Mario Party Superstars (マリオパーティ スーパースターズ)* – 任天堂
  19. (20) Call of Duty: Black Ops: Cold War – Activision Blizzard
  20. (16) Dying Light 2: Stay Human* – スクウェア・エニックス
*デジタル販売分を含まず #Xbox版とSwitch版のデジタル販売分を含まず

任天堂プラットフォーム トップ10

  1. (–) Mario Strikers: Battle League (マリオストライカーズ バトルリーグ)* – 任天堂
  2. (4) Mario Kart 8: Deluxe (マリオカート8 デラックス)* – 任天堂
  3. (1) Nintendo Switch Sports* – 任天堂
  4. (2) Kirby and the Forgotten Land(星のカービィ ディスカバリー)* – 任天堂
  5. (7) Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)* – 任天堂
  6. (–) Fire Emblem Warriors: Three Hopes (ファイアーエムブレム無双 風花雪月)* – 任天堂
  7. (5) Pokémon Legends: Arceus (Pokémon LEGENDS アルセウス)* – 任天堂
  8. (3) LEGO Star Wars: The Skywalker Saga – Warner Bros. Interactive
  9. (6) Animal Crossing: New Horizons (あつまれ どうぶつの森)* – 任天堂
  10. (–) Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba: The Hinokami Chronicles (鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚) – セガ
*デジタル販売分を含まず

PlayStation プラットフォーム トップ10

  1. (3) Elden Ring (エルデンリング)* – バンダイナムコエンターテインメント
  2. (2) MLB: The Show 22 – SIE
  3. (1) LEGO Star Wars: The Skywalker Saga – Warner Bros. Interactive
  4. (7) Marvel’s Spider-Man: Miles Morales – SIE
  5. (4) Horizon II: Forbidden West – SIE
  6. (–) The Quarry* – Take Two Interactive
  7. (6) Overwatch – Activision Blizzard
  8. (5) Ratchet & Clank: Rift Apart – SIE
  9. (6) Call of Duty: Vanguard – Activision Blizzard
  10. (5) Gran Turismo 7 – SIE
*デジタル販売分を含まず

Xbox プラットフォーム トップ10

  1. (1) Elden Ring (エルデンリング)* – バンダイナムコエンターテインメント
  2. (2) LEGO Star Wars: The Skywalker Saga – Warner Bros. Interactive
  3. (17) Overwatch – Activision Blizzard
  4. (–) F1 22 – Electronic Arts
  5. (4) Call of Duty: Vanguard – Activision Blizzard
  6. (13) Far Cry 6 – Ubisoft
  7. (5) Call of Duty: Black Ops: Cold War – Activision Blizzard
  8. (7) Call of Duty: Modern Warfare (2019) – Activision Blizzard
  9. (8) Call of Duty: Black Ops III – Activision Blizzard
  10. (9) Forza Horizon 5 – Microsoft

ハードウェア

2022年6月、ハードウェア市場は前年同期比8%減の3.7億ドル。2022年上半期では9%減の21億ドルでした。売上高の面でトップだったのは PlayStation 6月と上半期の両方で市場をリードしています。PS5はこの6月、前年と比べ二桁成長を達成しているようです。

一方で、販売台数の面でトップを走っているのは Nintendo Switch。こちらも6月と上半期の両方で市場をリードしています。

周辺機器・アクセサリ

2022年6月、周辺機器・アクセサリ類の市場規模は前年同期比15%減の1.8億ドルでした。2022年上半期では14%減の11億ドルとなっています。6月に最もよく売れたのはPS5のコントローラー「DualSense ワイヤレスコントローラー(ミッドナイトブラック)」。一方、2022年上半期に最も売れたのは「Xbox Elite ワイヤレスコントローラー シリーズ2」でした。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。