【NPD】2022年3月の米国ゲーム市場は前年比15%減もXbox Series X|SがXbox史上最高の3月売上

NPD グループより、2022年3月の米国ゲーム市場規模が報告されています。米国ゲームファンはこの3月、ゲームに対する支出を縮小。市場規模は2021年3月から15%減の約49億ドルでした。

要因はさまざまですが、主にハードウェア市場において、新世代機の高い需要に対して十分な台数を確保できていない影響が大きいと見られています。

それでも2022年3月の米国ゲーム市場には、いくつか印象的な話題が含まれています。

2022年3月 米国ゲーム市場規模

売上高

2022年3月 米国ゲーム市場規模

  • コンテンツ : 41億1,200万ドル(▲13%)
  • ハードウェア : 5億1,500万ドル(▲24%)
  • 周辺機器類 : 2億2,700万ドル(▲23%)
  • トータル : 48億5,300万ドル(▲15%)

※コンテンツにはコンソールやクラウド、モバイル、携帯機、PC、VRのパッケージ及びデジタルのゲーム本編、DLC/MTX、サブスクリプションが含まれます。
※モバイルの集計データはSensor Tower提供

2022年1-3月 米国ゲーム市場規模

  • コンテンツ : 121億2,800万ドル(▲7%)
  • ハードウェア : 12億ドル(▲15%)
  • 周辺機器類 : 5億9,200万ドル(▲16%)
  • トータル : 139億2,100万ドル(▲8%)

2022年3月の米国ゲーム市場は、前年同月比で15%減少して約 49 億ドルでした。全分野で減少していますが、特に供給量不足に悩まされ続けているハードウェア市場はマイナスが大きく 24% 減。

パンデミックによる巣ごもり需要が徐々に小さくなっていることも考慮する必要があり、社会の正常化が進むにつれ他の娯楽に対する需要の回復とともに、特需とも言えたゲーム産業の勢いは鈍化しています。2022年第1四半期、米国ゲーム産業は前年同期比8%減の約 139 億ドルでした。

ソフトウェア : 売上を伸ばす『エルデンリング』が2か月連続1位

2022年3月の月間1位は、フロム・ソフトウェアの最新作『エルデンリング』でした。多くの注目作が発売されトップ20に顔を出す中で 2 か月連続の首位。その売上高は発売月よりも好調で、2月と比べ二桁以上伸びたと報告されています。

『エルデンリング』の売上高は2022年発売タイトルの中でもちろん1位。過去12か月を見ても『Call of Duty: Vanguard』に次ぐ2位につけています。このままいくと年間1位もあり得るのではないかという勢いだとか。

2位は『グランツーリスモ7』。人気レーシングゲームシリーズ最新作は PlayStation プラットフォーム独占タイトルながら、『エルデンリング』以外のタイトルすべてを上回りました。米国内ではシリーズ最大の初月売上高を記録する好調なローンチとなっており、2022年第1四半期の新作としては『Pokémon Legends: アルセウス』(パッケージ版のみ)や『Horizon II: Forbidden West』を上回り2位の販売規模でした。

3位は『星のカービィ ディスカバリー』。Nintendo Switch 独占タイトルで、かつパッケージ版のみでありながらこちらも好調なローンチとなっています。4位は Nintendo Switch を対応プラットフォームに加えた『MLB: The Show 22』、5位は『Horizon II: Forbidden West』でした。

『WWE 2K』シリーズのメインラインとして2年半ぶりの新作となった『WWE 2K22』は7位でデビュー。

Nintendo Switch の定番タイトルで安定して売れ続ける『マリオカート8 デラックス』は、今では好不調の基準とされているようで、今月は『WWE 2K22』までの 4 タイトルがこのラインを上回りました。

残念ながらその他多く発売された新作はマリカラインを越えられず。『トライアングルストラテジー』や『ストレンジャー オブ パラダイス ファイナルファンタジー オリジン』といったスクウェア・エニックスの新作もより下位でのデビューとなりました。なお『トライアングルストラテジー』に関してはダウンロード版の売上は含まれておらず、スクエニは発売2週間で世界80万本を突破したことを報告しています。

『Tiny Tina’s Wonderland』や『Ghostwire: Tokyo』もマリカラインを越えられなかったタイトル。『Tiny Tina』はDL版のデータが提供されていませんが、『FFオリジン』含めたこの3タイトルのデビューは、残念ながらパブリッシャーの期待を下回るものとなっています。

2022年3月 US チャート トップ20

  1. (1) Elden Ring (エルデンリング)* – バンダイナムコエンターテインメント
  2. (–) Gran Turismo 7 – SIE
  3. (–) Kirby and the Forgotten Land(星のカービィ ディスカバリー)* – 任天堂
  4. (–) MLB: The Show 22# – 複数メーカー
  5. (2) Horizon II: Forbidden West – SIE
  6. (3) Pokémon Legends: Arceus (Pokémon LEGENDS アルセウス)* – 任天堂
  7. (–) WWE 2K22* – Take-Two Interactive
  8. (8) Mario Kart 8: Deluxe (マリオカート8 デラックス)* – 任天堂
  9. (6) Call of Duty: Vanguard – Activision Blizzard
  10. (–) Stranger of Paradise: Final Fantasy Origin(ストレンジャー オブ パラダイス ファイナルファンタジー オリジン) – スクウェア・エニックス
  11. (–) Tiny Tina’s Wonderlands* – Take-Two Interactiv
  12. (–) Ghostwire: Tokyo – Microsoft
  13. (9) FIFA 22 – Electronic Arts
  14. (10) Minecraft – 複数メーカー
  15. (7) Madden NFL 22 – Electronic Arts
  16. (–) Triangle Strategy(トライアングルストラテジー)* – 任天堂/スクウェア・エニックス
  17. (12) Mario Party Superstars (マリオパーティ スーパースターズ)* – 任天堂
  18. (14) Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)* – 任天堂
  19. (13) Animal Crossing: New Horizons (あつまれ どうぶつの森)* – 任天堂
  20. (21) Assassin’s Creed: Valhalla – Ubisoft

*デジタル販売は含まれません。
#MVP Edition と Digital Deluxe Edition のみ含む

2022年 年間トップ20(1-3月)

  1. (1) Elden Ring (エルデンリング)* – バンダイナムコエンターテインメント
  2. (2) Pokémon Legends: Arceus (Pokémon LEGENDS アルセウス)* – 任天堂
  3. (3) Horizon II: Forbidden West – SIE
  4. (–) Gran Turismo 7 – SIE
  5. (4) Call of Duty: Vanguard – Activision Blizzard
  6. (5) Madden NFL 22 – Electronic Arts
  7. (–) Kirby and the Forgotten Land(星のカービィ ディスカバリー)* – 任天堂
  8. (11) Mario Kart 8: Deluxe (マリオカート8 デラックス)* – 任天堂
  9. (6) Dying Light 2: Stay Human* – スクウェア・エニックス
  10. (12) FIFA 22 – Electronic Arts
  11. (–) MLB: The Show 22# – 複数メーカー
  12. (7) Monster Hunter: Rise (モンスターハンターライズ) – カプコン
  13. (10) Marvel’s Spider-Man: Miles Morales – SIE
  14. (13) Minecraft – 複数メーカー
  15. (14) Mario Party Superstars (マリオパーティ スーパースターズ)* – 任天堂
  16. (9) God of War (2018) – SIE
  17. (8) Total War: Warhammer III – セガ
  18. (15) Animal Crossing: New Horizons (あつまれ どうぶつの森)* – 任天堂
  19. (–) WWE 2K22* – Take-Two Interactive
  20. (19) Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)* – 任天堂

*デジタル販売は含まれません。
#MVP Edition と Digital Deluxe Edition のみ含む

過去 12 か月のトップ10

  1. (1) Call of Duty: Vanguard – Activision Blizzard
  2. (5) Elden Ring (エルデンリング)* – バンダイナムコエンターテインメント
  3. (2) Madden NFL 22 – Electronic Arts
  4. (4) Pokemon: Brilliant Diamond/Shining Pearl (ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール)* – 任天堂
  5. (6) Battlefield 2042 – Electronic Arts
  6. (7) Far Cry 6 – Ubisoft
  7. (3) Call of Duty: Black Ops: Cold War – Activision Blizzard
  8. (10) FIFA 22 – Electronic Arts
  9. (9) Resident Evil: Village (バイオハザード ヴィレッジ) – カプコン
  10. (12) MLB: The Show 21** – 複数メーカー

*デジタル販売は含まれません。
**Xboxプラットフォームのデジタル販売は含まれません。

Nintendo プラットフォーム 2022 年 3 月 トップ10

  1. (–) Kirby and the Forgotten Land(星のカービィ ディスカバリー)* – 任天堂
  2. (1) Pokémon Legends: Arceus (Pokémon LEGENDS アルセウス)* – 任天堂
  3. (2) Mario Kart 8: Deluxe (マリオカート8 デラックス)* – 任天堂
  4. (–) Triangle Strategy(トライアングルストラテジー)* – 任天堂/スクウェア・エニックス
  5. (3) Mario Party Superstars (マリオパーティ スーパースターズ)* – 任天堂
  6. (5) Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)* – 任天堂
  7. (4) Animal Crossing: New Horizons (あつまれ どうぶつの森)* – 任天堂
  8. (8) Supe Mario 3D World + Bowser’s Fury (スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド)* – 任天堂
  9. (–) Rune Factory 5(ルーンファクトリー5)* – マーベラス
  10. (10) New Super Mario Bros. U Deluxe (New スーパーマリオブラザーズ U デラックス)* – 任天堂

*デジタル販売は含まれません。

PlayStation プラットフォーム 2022年3月 トップ10

  1. (2) Elden Ring (エルデンリング)* – バンダイナムコエンターテインメント
  2. (–) Gran Turismo 7 – SIE
  3. (–) MLB: The Show 22# – SIE
  4. (1) Horizon II: Forbidden West – SIE
  5. (–) WWE 2K22* – Take-Two Interactive
  6. (–) Stranger of Paradise: Final Fantasy Origin(ストレンジャー オブ パラダイス ファイナルファンタジー オリジン) – スクウェア・エニックス
  7. (4) Call of Duty: Vanguard – Activision Blizzard
  8. (–) Tiny Tina’s Wonderlands* – Take-Two Interactive
  9. (6) Marvel’s Spider-Man: Miles Morales – SIE
  10. (–) Ghostwire: Tokyo – Microsoft

*デジタル販売は含まれません。
#MVP Edition と Digital Deluxe Edition のみ含む

【PS5】グランツーリスモ7
メーカー: ソニー・インタラクティブエンタテインメント

Xbox プラットフォーム 2022年3月 トップ10

  1. (1) Elden Ring (エルデンリング)* – バンダイナムコエンターテインメント
  2. (2) Call of Duty: Vanguard – Activision Blizzard
  3. (–) WWE 2K22* – Take-Two Interactive
  4. (–) Tiny Tina’s Wonderlands* – Take-Two Interactive
  5. (9) Assassin’s Creed: Valhalla – Ubisoft
  6. (5) Call of Duty: Black Ops: Cold War – Activision Blizzard
  7. (11) Call of Duty: Modern Warfare (2019) – Activision Blizzard
  8. (6) Forza Horizon 5 – Microsoft
  9. (4) Madden NFL 22 – Electronic Arts
  10. (8) FIFA 22 – Electronic Arts

*デジタル販売は含まれません。

ハードウェア : Xbox プラットフォームとして3月の最高売上

品不足から大きく落ち込んだ3月のハードウェア市場。月間トップは市場に十分な数量を供給できた Xbox Series X|S でした。PlayStation 5 は必要な数量を製造するのに苦労し続けており、3月は3位でした。

Xbox Series X|S は2022年3月とこの第1四半期の両方で、最も売上高の大きなハードウェアでした。販売台数においては、Nintendo Switch が3月と第1四半期の両方をリードしています。

目立ってよく売れた Xbox Series X|S は、販売台数と売上高の両方で、Xbox プラットフォームにおける3月の最高売上を記録。以前の記録は販売台数が2011年、売上高は2014年だったということです。

好調な話題があっても PlayStation 5 の供給不足の影響もあり、ハードウェア市場は2021年3月と比べ24%ものマイナスの5億1,500万ドルでした。第1四半期の売上は12億ドルで、こちらも2021年の第1四半期と比べて15%のマイナスとなっています。

share

Amazon セール・キャンペーン

Amazonギフト券購入で最大2.5%ポイント還元

Amazonの買い物なら、Amazonギフト券を使うのがお得。Kindle本の購入にも使えるAmazonギフト券(チャージタイプ)は、現金で5,000円以上の残高を追加するたびにポイントが貯まります。

通常会員なら最大2%、プライム会員なら最大2.5%がポイント還元。

Amazonギフト券チャージ : 最大2.5%がポイント還元

Kindle Unlimited 読み放題

「Kindle Unlimited」は、月額 980 円で小説やコミック、ビジネス本、実用書、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が読めるサブスクサービス(定額制読み放題サービス)。初めての方は30日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセルでき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

Kindle Unlimited を無料体験

Amazon Music Unlimited

「Amazon Music Unlimited」は月額 780 円(Amazonプライム会員の場合。一般会員は月額 980 円)から利用できる、7,500 万曲以上を高音質で楽しめるサブスクサービス(定額制音楽配信サービス)。初めての方は 30 日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセル・プラン変更でき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

Amazon Music Unlimited