Switch『Advance Wars 1+2: Re-Boot Camp』が再延期、任天堂「世界情勢を考慮」


Advance Wars 1+2 リメイクが再延期

 

任天堂アメリカは 2022 年 4 月 8 日に発売予定だった Nintendo Switch ソフト『Advance Wars 1+2: Re-Boot Camp』を延期すると発表しました。最近の世界情勢(ロシアによるウクライナ侵攻と見られる)を考慮し延期を決定したとのこと。

ゲームボーイウォーズアドバンス1+2のリメイクが再び延期

『Advance Wars 1+2: Re-Boot Camp』はゲームボーイアドバンスで発売されたウォー・シミュレーションゲーム『ゲームボーイウォーズアドバンス 1+2(Advance Wars 1+2)』のリメイク作品。オリジナルはインテリジェントシステムズが開発していますが、リメイク版は『シャンティ』シリーズの WayForward が開発を担当しています。本作は当初、2021年12月に発売予定でしたが、調整にもう少し時間が必要だとのことから2022年4月に延期されていました。新しい日付は続報をお待ち下さい。

オリジナル版に続いて世界的な出来事の影響を受ける

『ゲームボーイウォーズアドバンス』シリーズが世界的な出来事の影響を受けたのは今回が初めてではありません。『Advance Wars』の北米発売日は2001年9月10日で、翌9月11日にあのアメリカ同時多発テロ事件が発生。任天堂は公に理由を明らかにしていませんが、おそらくこの件を理由としてヨーロッパでの発売は延期。2002年1月に発売されました。

日本では単体では発売されず、『ゲームボーイウォーズアドバンス 2』(2003年発売)と 1 本にまとめた 2004 年の『ゲームボーイウォーズアドバンス 1+2』まで待たなくてはなりませんでした。


この記事をシェアする

Next

Previous