『ゲームボーイウォーズアドバンス1+2』がオンラインプレイにも対応しNintendo Switchでリメイク


Advance Wars 1+2 Re:Boot Camp (ゲームボーイウォーズアドバンス1+2 リメイク)

 

任天堂はゲームボーイアドバンスで発売した『ゲームボーイウォーズアドバンス』2作品のリメイクコレクション『Advance Wars 1+2: Re-Boot Camp』を、2021年12月3日に発売すると海外向けに発表しました。

国内展開は未定。

リメイクの開発は『シャンティ』シリーズの WayForward が担当しています。

『ゲームボーイウォーズアドバンス1+2』がスイッチでリメイク

『ゲームボーイウォーズアドバンス』シリーズは、任天堂とインテリジェントシステムズによるウォー・シミュレーション『ファミコンウォーズ』シリーズのひとつで、ゲームボーイアドバンスで展開されたタイトル。アメリカ同時多発テロの影響で日本では発売無期延期となり、結局のところ個別に発売されることはありませんでした。

2004年、Wii U 向けにバーチャルコンソールとして2作をまとめ『ゲームボーイウォーズアドバンス1+2』として配信され、日本の一般ユーザーも遊べるように。

そんな『ゲームボーイウォーズアドバンス1+2』が、『ゲームボーイウォーズアドバンス』の発売から 20 年の節目に Nintendo Switch でリメイク。3Dになった新たなグラフィックで遊べるようになります。

リメイク版では2作のキャンペーンモードを遊べるのはもちろんのこと、最大4人のマルチプレイに対応するVSモードを収録。数十のマップで対戦することができます。

またオンラインプレイにも対応します。


この記事をシェアする