【メトロイド ドレッド】英国ではシリーズ最大の初動売上高、1週間で『サムスリターンズ』の累計販売本数を上回る


METROID DREAD メトロイド ドレッド METROID 5

 

Gfk による10月3日〜10月9日週の UK ウィークリーチャートが発表され、Nintendo Switch ソフト『メトロイド ドレッド』が『FIFA 22』や『Far Cry 6』に次ぐ3位でデビューを飾ったことが明らかになりました。

2D メトロイドの本編シリーズとしては 2003 年にゲームボーイアドバンスで発売された『メトロイド フュージョン』以来、およそ 19 年ぶりの新作となる『メトロイド ドレッド』(METROID 5)。

イギリスで発売された『メトロイドプライム』等を含む『メトロイド』シリーズの中で、ローンチ時に最も売上高の大きいタイトルとなりました。販売本数においても、これまでのところ 1 位であるゲームキューブの『メトロイドプライム』にあと 1,000 本弱のところまで迫る勢いだったということです。

『メトロイド ドレッド』はダウンロード版の販売数が含まれていないため、パッケージ版とダウンロード版を合算すると、売上高だけでなく販売本数においても歴代1位となっている可能性が高いと思われます。

  • Nintendo Switch 『メトロイド ドレッド』(パッケージ版)は UK で初登場 3 位
  • 『メトロイド』タイトルとして過去最大の初動売上高
  • 『メトロイド サムスリターンズ』の累計販売本数を 1 週間で上回る

『メトロイド ドレッド』はまた、2D メトロイド復帰作となった『メトロイド サムスリターンズ』(2017年、ニンテンドー3DS)の 3.5 倍もの初動を記録。発売 1 週間で累計販売本数を上回っています。こちらもダウンロード版を含まないパッケージ版のみの集計。

『メトロイド ドレッド』は2021年に発売された Nintendo Switch ソフトの中で、『スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド』や『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』『モンスターハンターライズ』『New ポケモンスナップ』に次ぐ第5位のデビューとなりました。

『スーパーマリオ』や『ゼルダの伝説』と並んで長く愛される任天堂フランチャイズのひとつではあるものの、彼らほど売上規模は大きくない『メトロイド』。しかし待望の最新作は内容面だけでなく売上においても『メトロイド』としてポジティブなスタートを切っています。

UK ウィークリートップ10(10月3〜9日週)

  1. (1) FIFA 22
  2. (–) Far Cry 6
  3. (–) メトロイド ドレッド
  4. (2) マリオカート8 デラックス
  5. (–) Alan Wake Remastered
  6. (5) Minecraft (Switch)
  7. (7) あつまれ どうぶつの森
  8. (–) たべごろ!スーパーモンキーボール 1&2リメイク
  9. (10) スーパーマリオ 3D ワールド + フューリーワールド
  10. (9) Grand Theft Auto V

share