【NPD】米国でNintendo Switch販売好調、10月として史上2位。歴代最長の23か月連続月間1位

Nintendo Switch ブラックフライデーバンドル 2020

任天堂アメリカは、2020年10月の Nintendo Switch 本体販売台数(Nintendo Switch & Nintendo Switch Lite 合算)が、10月として同ハード過去最高を更新したと発表しました。

販売台数は前年比 136% 増の 73.5 万台(735,926 台)。

この数字はアメリカ市場において、歴代のすべてのハードを見回しても歴代2位の記録です。トップは Wii が 2008 年に記録した 80.7 万台。これによりアメリカ市場における Nintendo Switch の累計販売台数は 2,250 万台を突破しました。

7-9月の好セールスに続いて、Nintendo Switch の勢いを示す販売データとなっています。

Nintendo Switch はまた、23か月連続で月間販売トップを記録。NPDの集計開始以来最も長く、連続して月間ハード販売台数 1 位を走り続けています。

任天堂が毎年ホリデー商戦向けに用意してきたビッグタイトルは今年はありませんが、社会原初となった『あつまれ どうぶつの森』は発売から勢いを持続。また定番タイトルの『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』『マリオカート8 デラックス』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『スーパーマリオ オデッセイ』、北米で特に人気の高い『スーパー マリオパーティ』も好調な販売を続けています。

他にも『リングフィット アドベンチャー』『ルイージマンション3』『ペーパーマリオ オリガミキング』『ファイアーエムブレム 風花雪月』『ピクミン3』『スーパーマリオ 3Dコレクション』『マリオカートライブ:ホームサーキット』など任天堂らしいタイトルが並びます。

また北米では『ゼルダ無双 厄災の黙示録』も任天堂タイトルの1つとして発売。派生作品ですがゼルダシリーズということで好セールスが期待されます。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。