『電車でGO!!』最新作がPS4/Switch向けに発売、「高輪ゲートウェイ駅」収録の最新仕様で一部はPS VRに対応


 

スクウェア・エニックスは9月9日、『電車でGO!』シリーズ最新作『電車でGO!! はしろう山手線』を PlayStation 4 / Nintendo Switch 向けに発売すると発表しました。

発売日・価格は PS4 版が 2020 年 12 月 3 日で8,580円(税込)。Switch 版は未定。

開発はアーケード版に続き、スクウェア・エニックスの映像制作集団ヴィジュアルワークス部が手掛けています。

2010年にニンテンドーDSで発売された『特別編 復活! 昭和の山手線』以来、10年ぶりに電GOが家庭用ゲーム機に帰ってきました。

『電車でGO!! はしろう山手線』は、2017年より稼働を開始したアーケード版『電車でGO!!』をベースに、JR東日本の“山手線”にフォーカスし、PS4および Nintendo Switch 向けに機能の調整やプレイモードの追加を行ったタイトルです。

2020年3月に開業した新駅「高輪ゲートウェイ駅」も忠実に再現され収録されています。埼京線や成田エクスプレスなど、アーケード版にはなかった路線や車両も運転できるとのこと。

PS4版は「VRモード」を搭載。山手線E235系の運転席から臨場感あふれる映像を堪能することができます。

『電車でGO!』(でんしゃでゴー!)は、タイトーにより 1996 年にアーケードで誕生した「電車の運転士体験」ができる鉄道運転シミュレーションゲーム。

アーケードで人気を博しただけでなく家庭用ゲーム機向けにも展開され一大ブームを巻き起こした、電車の運転を夢見るすべての人を魅了し続ける唯一無二のシミュレーションゲームです。

概要

  • タイトル : 電車でGO!! はしろう山手線
  • ジャンル : 電車運転シミュレーションゲーム
  • 対応機種 : PlayStation 4(一部 PlayStation VR 対応) / Nintendo Switch
  • 発売日 :
    PlayStation 4版 : 2020年12月3日(木)予定
    Nintendo Switch版:未定
  • 希望小売価格 :
    PlayStation 4版 : 7,800円(税込)
    Nintendo Switch版 : 未定
  • プレイ人数 : 1人

share