『WWE 2K』シリーズのスピンオフ『WWE 2K Battlegrounds』が発表、本編は開発体制を見直し


WWE 2K Battlegrounds

 

2K Gamesは4月27日、アメリカのプロレス団体「WWE」を題材とする『WWE 2K』シリーズの新作として『WWE 2K Battlegrounds』を2020年秋に発売すると発表しました。

対応プラットフォームはまだ伏せられています。

『WWE 2K Battlegrounds』はデフォルメされたWWEのスーパースターたちが多数登場するアーケードスタイルのアクションゲーム。開発は『NBA 2K Playgrounds』シリーズの Saber Interactive が担当。

NBA の方でも見られるように、題材の魅力を損なうことなく、大胆にデフォルメされたスーパースターを操作して、迫力のムーブを繰り出すことができます。

カジュアルゲーマーでも手軽に遊べるだけでなく、じっくり向き合う奥深さも持ち合わせており、『WWE 2K』を楽しむまた別の方法を提供するとしています。

『NBA 2K Playgrounds』はゲームとして面白さがある一方で、キャラクターアンロックの煩わしさも抱えていました。新旧スーパースターが多数登場するだろう『WWE 2K Battlegrounds』ではもう少しユーザーフレンドリーな仕様にしてもらいたいところ。

WWE 2K本編は開発体制を見直し、新作は2021年4月以降に

なお『WWE 2K』本編の動きに関してもアナウンスがありました。2Kは『WWE 2K』フランチャイズをさらに魅力的なものとするため、ユーザーからのフィードバックも考慮して開発スケジュールの見直しに入りました。

取り組みの一環として、新作の年単位でのリリースをいったん取りやめます。2020年度(2020年4月〜2021年3月)は『WWE 2K』新作、つまり『WWE 2K21』の発売はありません。

シリーズを開発するVisual Conceptsには、新たなエグゼクティブ・プロデューサーPatrick Gilmore氏が迎えられました。

『アラジン』や『キラーインスティンクト』『メダル・オブ・オナー』シリーズ、最近ではAmazonの『New World』にも携わった25年以上の業界キャリアを持つというPatrick氏のもと、WWE 2Kシリーズに慣れたベテランも初めてリングに足を踏み入れる新人のどちらも楽しめるゲームづくりを進めていくということです。


share