『パンツァードラグーン:リメイク』Nintendo Switch版が海外でローンチ、日本では4月に発売予定

1995年にセガサターンで発売された『パンツァードラグーン』のリメイク版となる『パンツァードラグーン:リメイク』が2020年3月27日、Nintendo Switchで発売されました(国内版は4月発売予定)。

開発はMegaPixel Studio、発売はポーランドのForever Entertainment。セガの許諾を受けて制作されたオフィシャルなリメイク版です。

元となる『パンツァードラグーン』は、セガサターン用ソフトとしてセガが開発し1995年に発売したシューティングゲーム。ドラゴンに乗り、全方位から迫りくる敵を蹴散らす奥スクロール型のシューティングゲームです。

リメイクにあたってはオリジナルを尊重し忠実に再現した上で、グラフィックやコントロールを大きく改善。改善された360度操作やロックオンシステムにより、あらゆる方向の敵にも素早く撃ち込むことが可能に。今発売される新作ゲームとして生まれ変わっています。

グラフィック比較

オリジナルのセガサターン版とスイッチ版とのグラフィック比較です。

なおForever Entertainmentは、シリーズ第2作目の『パンツァードラグーン ツヴァイ』に関してもリメイクでセガと合意。現在、鋭意開発を進めています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible