【DQ10】Wii U版『ドラゴンクエストX』はバージョン5.5以降、外付けHDD等での保存容量拡張が必須に


ドラゴンクエストⅩ いばらの巫女と滅びの神 オンライン

 

スクウェア・エニックスが開発・運営するオンラインRPG『ドラゴンクエストX』。様々なプラットフォームで展開されており、任天堂の家庭用ゲーム機「Wii U」もサポートされています。

2019年10月24日にはバージョン5となる『ドラゴンクエストX いばらの巫女と滅びの神 オンライン』が発売。Wi U 版ではこのタイミングで必要な空き容量がバージョン4までの「24GB」から「32GB」(見込)となることから、Wii U 本体の保存メモリーでは不足し、外部の「USB記録メディア」が必要になってきます。

バージョン 5.0 時点ではなんとか収まっていたWii U 版『ドラクエ10』ですが、2021年3月31日、大型アップデート『バージョン5.5[前期] -闇の根源-』がリリース。これにより本体保存メモリーではアップデートに必要な容量が不足することが確実に。

バージョン1からインストールする際に必要な容量

  • 32GB以上

また、追加パッケージを導入しない場合でも、32GB以上の容量が必要となります。アップデートの際は最終的に保存されるファイルサイズよりも多くの領域を確保する必要があるため、手順によってはアップデートが行える場合もあるとのこと。

その1つが、「追加コンテンツ」を削除してアップデートを行ったあと、再インストールするという手法。ただしこの方法は暫定的な対処方法であるため、最終的には十分な保存容量のある「USB記録メディア」(外付けハードディスクなど)が必要になってくるということです。

手順は次の通りです。

  1. 「データ管理」>「データを整理する」>「本体保存メモリ」から、『ドラゴンクエストX 追加コンテンツ』を削除する。
    ※『ドラゴンクエストX ソフト』『ドラゴンクエストX 更新データ』の削除は必要ありません。
  2. Wii Uのホーム画面から『ドラゴンクエストX』アイコンを選択しアップデートを行う。
  3. 追加コンテンツを再インストールする。

外付けHDDまたはUSBメモリで保存容量拡張を

Wii U では最大 2 TB までの外付けハードディスクに対応していますし、『ドラクエ10』に関してはUSBフラッシュメモリーも保存用に問題なく使えることが任天堂公式に確認されています。

Wii U でそれほど他のゲーム本編のダウンロードを利用しておらず、これから Wii U の保存容量を大きく増やす必要がないという場合は、USBメモリを購入するほうが、外付けHDDを追加するよりも安価に環境を整えられます。

『ドラクエ10』では今後もバージョンアップが計画されており、さらに「必要な空き容量」が増加する可能性があります。カツカツの容量では今後また「USB記録メディア」を買い直す必要に迫られかねませんので、128GB など多少は余裕をもったサイズにしましょう。

あるいはそろそろ Nintendo Switch 版へ移行する検討をはじめてもいいかもしれません。


この記事をシェアする

Next

Previous