セガとSports Interactiveは22日、サッカークラブ運営シミュレーションゲーム『Football Manager』シリーズの2018年最新作『Football Manager 2019』の対応プラットフォームに、Nintendo Switch も加わると発表しました。

すでに発表されている、フラグシップバージョンの PC / Mac、タッチバージョンのスマートフォン / タブレットの2ラインに、さらにスイッチも加わります。スイッチ版の発売は11月後半。他プラットフォームでは11月2日に発売予定です。

昨年版の『Football Manager 2018』も、Nintendo Switch に対応。海外で2018年4月にリリースされました(日本未配信)。このスイッチ版はやや簡略化されたスマートデバイス向けの Touch がベースとなっています。ディレクターのMiles Jacobson氏によると、最新作の『Football Manager 2019』も昨年と同様に、Touch バージョンでのリリースとなる模様。

ブンデスリーガのライセンスが収録

最新作の詳細は今後発表されますが、先行して1つ大きな発表がありました。セガはドイツ1部リーグ「ブンデスリーガ」のオフィシャルライセンスを初めて取得し、『Football Manager 2019』に収録されます。

ブンデスリーガは昨年、EAとの良好で強固な関係を継続する一方で、セガやコナミとも単一の経営シミュレーションゲームでの使用を認める契約を結んでいました。ブンデスの追加はその契約に沿ったものであると言えそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で