『Football Manager 2019』がNintendo Switchにも対応、ブンデスリーガのライセンスを取得した人気サッカークラブ経営SLG最新作

セガとSports Interactiveは22日、サッカークラブ運営シミュレーションゲーム『Football Manager』シリーズの2018年最新作『Football Manager 2019』の対応プラットフォームに、Nintendo Switch も加わると発表しました。

『Football Manager 2019』がNintendo Switchにも対応

すでに発表されている、フラグシップバージョンの PC / Mac、タッチバージョンのスマートフォン / タブレットの2ラインに、さらにスイッチも加わります。スイッチ版の発売は11月後半。他プラットフォームでは11月2日に発売予定です。

昨年版の『Football Manager 2018』も、Nintendo Switch に対応。海外で2018年4月にリリースされました(日本未配信)。このスイッチ版はやや簡略化されたスマートデバイス向けの Touch がベースとなっています。ディレクターのMiles Jacobson氏によると、最新作の『Football Manager 2019』も昨年と同様に、Touch バージョンでのリリースとなる模様。

ブンデスリーガのライセンスが収録

最新作の詳細は今後発表されますが、先行して1つ大きな発表がありました。セガはドイツ1部リーグ「ブンデスリーガ」のオフィシャルライセンスを初めて取得し、『Football Manager 2019』に収録されます。

ブンデスリーガは昨年、『FIFA』シリーズのEAとの良好で強固な関係を継続する一方で、セガやコナミともサブライセンスのようにして、単一の経営シミュレーションゲームでの使用を認める契約を結んでいました。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。