Codemastersのレーシングシミュレーター『GRID Autosport』が、Nintendo Switchにも対応しました。Switch版ではボタン操作やモーション操作など様々な操作方法が提供されるほか、リッチな映像を楽しむ「品質重視」か、それとも滑らかなフレームレートを意識した「パフォーマンス重視」かを、好みに応じて選んでプレイすることができます。

実際「品質重視」と「パフォーマンス重視」とではどの程度違いがあるのでしょうか。比較映像で確認します。

Switch版GRID Autosport クオリティ vs. パフォーマンス

事前の説明では、パフォーマンスモードでは60fps、画質重視のクオリティモードでは30fpsになるとされていました。映像を見る限りは概ねその通りで、クオリティモードでは安定して30fps、パフォーマンスモードでは上限60fpsとして描写されています。

映像クオリティの面では、この映像では影や反射、ライティング、たまに画面に映り込む鳥、また観戦客の動きなどに違いが生じるようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で