Codemastersが2014年に発売しスマッシュヒットを記録したAAAレーシングゲーム『GRID Autosport』がNintendo Switchへ対応します。同社の公式Twitterから、2019年にリリースすると発表されました。Switch版のパブリッシャーはMac版やモバイル版のパブリッシャーを努めたFeral Interactiveが担当。

『GRID Autosport』がSwitchへ対応

『GRID Autosport』は、『F1』『Dirt』『Colin McRae Rally』などレースゲーム開発で多数の実績があるイギリスのデベロッパーCodemastersのレースゲーム『GRID』シリーズの1つ。オリジナルは2014年に PlayStation 3 / Xbox 360 / PC で発売され、その後モバイルにも移植されました。

ストリートカーからツーリングカー、そしてオープンホイールのフォーミュラカーまで、さまざまなマシンでレースが楽しめる “モータースポーツのすべてを詰め込む” をコンセプトに開発されたリアル系レースゲームです。収録車種は100以上。インディアナポリス・モーター・スピードウェイのような実在のサーキットからバルセロナのストリートといった市街地まで、20以上のロケーションで、100以上のコースを走ることができます。

メインモードのキャリアモードでプレイヤーは、プロのレーシングドライバーして様々なレースに参戦しながら、チャンピオンシップの頂点を目指していきます。

ティザートレーラーも公開。Nintendo Switchで、いつでも、どこでも『GRID Autosport』を楽しめます。

CodemastersとFeral InteractiveはNintendo Switch版『GRID Autosport』について、最初のフル・レーシング・シミュレーターになると自信を見せます。

「『GRID Autosport』のAAAプロダクション・バリューと奥深いゲーム性は、Nintendo Switchへ大きな付加価値をもたらします。iOS での成功に続いて、Switchプレイヤーへお届けできることをとても嬉しく思っています」とFeral Interactiveのマネージング・ディレクターDavid Stephen氏はコメントしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で