Natsumeは5月30日、『Harvest Moon』シリーズの最新作『Harvest Moon: Mad Dash』を発表。E3 2019に出展する計画を明らかにしました。

最新作はNintendo Switch / PlayStation 4 に対応します。

『Harvest Moon』は元々『牧場物語』シリーズの海外版名称して2013年まで使用されていました(現在『牧場物語』の海外版は『Story of Seasons』としてXseed Gamesが販売しています)。

『牧場物語』と直接つながりが無くなった後もナツメは『Harvest Moon』の権利を有し、本格的に独自の『Harvest Moon』シリーズを開始。『Harvest Moon: The Lost Valley』『Harvest Moon: Seeds of Memories』『Harvest Moon: Skytree Village』『Harvest Moon: Light of Hope』とシリーズが続いています(評判は良いとは言えないようですけれど…)。

具体的な内容はE3を待つことになりますが、ナツメの前川CEOによると今回の新たな『Harvest Moon』は、シリーズの持つ特徴を新しくエキサイティングな方法で楽しむことができるものに仕上がっていて、ファンは驚かれるかもしれないとのこと。

Natsumeはこの他、『Reel Fishing: Road Trip Adventure』(Switch/PS4)と『Cosmic Defenders』(Switch)というタイトルを出展する予定。

東京のスタジオFiery Squirrelが開発する『Cosmic Defenders』は型破りなヒーローたちが自然の力を利用して、エイリアンの侵攻を阻止することを目指す2Dアクションシューティングゲーム。インディーデベロッパーをサポートする Natsume Indie Program の第1弾タイトルです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で