『牧場物語』から派生した『Harvest Moon』の20周年記念作が海外発表、PS4/Switch/PCで発売予定

『牧場物語』から分離した『Harvest Moon』の最新作『Harvest Moon: Light of Hope』が、海外ナツメと欧州パブリッシャーの Rising Star Games から発表されました。対応プラットフォームは PlayStation 4、Steam、Nintendo Switch。6月の E3 では、PC 版と Switch 版がプレイアブル出展予定。

『Harvest Moon: Light of Hope』は、『Harvest Moon』シリーズ20周年を記念するタイトル。詳細は E3 になるということですが、深く有意義なキャラクターやイベントを伴うスーパーファミコンスタイルのノスタルジックなゲームに仕上がっているとのこと。

航海の途中、豪雨によって乗っていた船が難破してしまったプレイヤーは、辿り着いた小さな港町で再建の手助けをし、灯台の復興を目指すというのが今回の流れ。これまでのシリーズと同じように、作物を栽培し、家畜の飼育、資料の収集、新しい友人との出会いといった、おなじみのシステムは新作でも健在のようです。

『Harvest Moon』シリーズは、『牧場物語』の海外版で知られていましたが、マーベラスは2014年、海外版『牧場物語』の名称を『STORY OF SEASONS』に変更すると発表。以来、『Harvest Moon』シリーズは『牧場物語』の流れを汲む別タイトルとして新たな道を歩んでいます。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。