『NBA 2K19』がニンテンドースイッチに対応、早期アクセス可能な20周年記念エディションも

『Madden NFL』や『FIFA』を抜いて、北米で最も人気のあるスポーツゲームとなったTake-Two / 2K の『NBA 2K』シリーズ。昨年版の『NBA 2K18』は任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」にも対応していますが、20周年の節目を迎える最新作の『NBA 2K19』も、引き続きスイッチで遊べるようです。

Wii U の『NBA 2K13』から数年のブランクを経て、昨年ニンテンドースイッチ向けに復帰をはたした『NBA 2K』シリーズ。バスケットボールゲームとして進化を続けるシリーズ最新作は、今年もニンテンドースイッチに対応します。

クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズが起用された『NBA 2K19』のパネルから、発売日やプラットフォームが判明。対応機種にはニンテンドースイッチも含まれており、9月11日に発売(20周年記念エディションは4日早く9月7日)されるようです。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible