『DOOM (2016)』に続いて『Wolfenstein II: The New Colossus』もNintendo Switchに対応。『DOOM (2016)』の移植を担当したPanic Buttonが、またしても困難なチャレンジをやってのけました。

TVモードでも、携帯モードでも、『Wolfenstein II』を遊ぶことができます。

Switch版 v PS4版 スペック比較

 SwitchPS4
Wolfenstein (R) II: The New Colossu (TM) (ウルフェンシュタインII:ザ ニューコロッサス) - Switch 【CEROレーティング「Z」】
ウルフェンシュタインII:ザ ニューコロッサス 【CEROレーティング「Z」】 - PS4
画面解像度720p
(可変解像度)
1080p
フレームレート30fps60fps
ジャイロ操作

Nintendo Switch版は『DOOM (2016)』と同じく可変解像度が採用。720pを基準として、場面に応じて解像度が低下します。画質面での妥協はあるものの、携帯モードでもゲームプレイに支障がないクオリティを達成していますし、場所を選ばず遊び続けることができます。

フレームレートも大きな低下はなく30fpsで安定。かなり滑らかに見えます。

またSwitch版はジャイロ操作にも対応。『スプラトゥーン2』などの慣れた直感操作でゲームプレイを楽しめます。

購入の際の注意点として、パッケージ版は追加ダウンロードが必要なソフトに指定。パッケージ版をプレイしてもさらに空き容量「8GB」が必要になります。本体の保存容量に余裕がない場合はあらかじめmicroSDカードを用意しておくと良いかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で