任天堂、Switch Online は「9月19日」より正式サービス開始・有料化

任天堂は9月12日、無料提供中の「オンラインプレイ」を含む Nintendo Switch 向けオンラインサービス「Nintendo Switch Online」について、2018年9月19日より正式スタートすると発表しました。いよいよ任天堂の有料オンラインサービスがはじまります。

Nintendo Switch Online、2018年9月19日より正式サービス開始

Nintendo Switch Online は、Nintendo Switch のゲームソフトで他プレイヤーとオンラインプレイなどを楽しめる有料サービス(ニンテンドー3DSやWii Uのオンラインプレイは引き続き無料)。オンラインプレイのほか、クラウドセーブやオンラインプレイ対応ファミコンなどを利用できます。

発表当初は2017年秋に有料化される予定でしたが、2018年→2018年9月→2018年9月後半と開始時期が変更されていました。

料金は1アカウント300円/月、800円/3か月、2,400円/12か月。長期で契約するほどお得です。また複数アカウントでの利用に対応するファミリープラン(最大8アカウント、4,500円/12か月)も用意されています。

任天堂は Nintendo Switch Online のサービス内容について、14日に放送予定の「Nintendo Direct 2018.9.14」で改めて紹介するとしています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。