スイッチ版『ディスガイア5』、海外市場のみで20万本近いセールスに。携帯性が売上を押し上げる

国内 Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) のローンチタイトルの1本として発売され、海外でもその後にリリースされている日本一ソフトウェアのシミュレーションRPG『魔界戦記ディスガイア5 (海外名称:Disgaea 5 Complete)』。業界紙 MCV のインタビューに応じた海外法人 NIS America の山下社長によれば、『ディスガイア5』の売上は海外市場のみで20万本近くにのぼっています。

興味深いことに、スイッチ版購入者の4割近くは PlayStation 4 版をすでに購入済み。スイッチ版が発売されたことにより、同じソフトを買い直しているそうです。

『魔界戦記ディスガイア』シリーズはこれまで、ソニーの据置型ゲーム機で発売された後、ソニーの携帯型ゲーム機(PSP、PS Vita)で発売される流れがありました。

ところが『魔界戦記ディスガイア5』の場合は、PS Vita ではスペックが足りないとされ、またソニーが PS Vita 市場からの撤退を決めたこともあって発売されませんでした。

そこで『ディスガイア5』の容量8GBが収まり、かつ携帯性も併せ持つニンテンドースイッチが着目されます。携帯機で『ディスガイア5』をプレイしたいユーザーにとって、スイッチは最適なプラットフォームになっていますと山下社長は説明。

自宅のテレビで遊ぶのはもちろん、持ち運びできる付加価値によって、多くのユーザーの買い直しにつながっている。このプレイスタイルによって、ニンテンドースイッチのプラットフォームは日に日に拡大しているとしています。

『ディスガイア』のようなシミュレーションRPGは、空いた隙間時間を使って少しずつ進められる携帯型ゲーム機との相性が良いですし、スイッチならスマホのスリープを解除する程度の応答時間で、すぐに中断したところからゲームを再開できます。

山下社長はまた、スイッチの足下の勢いについてもコメント。同一タイトルをスイッチと PS4 で発売する場合、販売動向は2対1になっているそうです。パッケージ版においてもデジタル版においても、スイッチ版が PS4 版の2倍売れていると。多くのタイトルが発売され、競争が激しくなっている PS4 市場と比べ、スイッチ市場はまだ中小規模のパブリッシャーも入り込む余地があるとされています。

日本国内大手の方ばかりを見て、小規模パブリッシャーには友好的ではないとして、最近のソニーの態度にも苦言。こうした状況を踏まえてか、NIS はニンテンドースイッチへ一層力を入れていくと表明しています。実際、スイッチ向けタイトルとして『SNK 40th Anniversary Collection』が新たに発表されています。

魔界戦記ディスガイア5  - Switch
魔界戦記ディスガイア5 – Switch
メーカー: 日本一ソフトウェア
発売日: 2017-03-03

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。