「セガ、ゲーム機市場に再参入 メガドライブ販売を検討」報道に対する国内セガのコメント

4月8日、セガが過去に発売した家庭用ゲーム機『メガドライブ』の復刻版発売を、国内市場向けにも投入を検討しているとの一部報道がありました。任天堂のレトロコンソール復刻プロジェクト『ニンテンドークラシックミニ』や、過去ソフトのリマスターなどのヒットにより、家庭用ゲーム市場もリバイバルが1つのトレンドとなっていますが、セガは動くのでしょうか。

セガが国内市場向けに発売を検討していると報じられているのは、海外市場でセガ公認製品として流通している『SEGA GENESIS FLASHBACK (セガ ジェネシス フラッシュバック)』というゲーム機(ジェネシス=メガドライブの海外名称)。

メガドライブに加えてマスターシステムやゲームギアのタイトルも含めて85本のゲームを予め収録していることや HDMI 出力、2つの無線コントローラー(有線コントローラーも接続可能)、リアルタイムセーブや中断、巻き戻し、さらにはメガドライブのカートリッジも使用可能という機能盛り沢山なハードです。大きさはオリジナル版より小ぶりとなっており、ミニメガドライブと言える代物。

セガ松原社長は「日本でもゲーム機の引き合いが高まっているので考えたい。少し待ってほしい」と述べたとされています。一方で、ソフト展開に関しては、松原社長は HD リマスター版を販売することも「選択肢の一つ」だとコメントしたとのこと。

『セガ ジェネシス フラッシュバック』の国内発売についてファミ通.comがセガへコメントを求めたところ、

「セガジェネシスフラッシュバック」の輸入販売について、現在のところ決定した事実はございません。弊社の持つハード、ソフトに関連する過去のIPの活用については、お客さまからのお声や市場の状況、採算性等に鑑みながら継続的に様々な可能性を検討しております。

via: メガドライブ復刻版が国内でも販売? 気になる報道についてセガゲームスからの回答を公開 – ファミ通.com

と担当者からの回答を得たとのこと。ソフトとは異なり、ハードを販売する場合は修理など保守部門の必要も出てきますから、ソフトメーカーになったセガが、他社が上手く行っているからうちもとはなかなか手を出しにくいところでしょう。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。