【セガ】北海道札幌市に国内2拠点目の開発スタジオを設立。自社IP開発やデバッグを担う

セガは 2022 年 1 月 11 日、北海道札幌市に自社のソフトウェア開発やデバッグ業務を行う株式会社セガ札幌スタジオ(代表取締役社長は瀬川隆哉氏)を、2021 年 12 月 1 日付で設立したことを発表しました。セガの国内開発拠点としては2拠点目。

さっそくデザイナーやプログラマー等のスタッフ(正社員・・アルバイト)の募集がはじまっています。

DX(デジタルトランスフォーメーション)の急激な進展によって、ゲーム業界でもデバイスやプラットフォーム、国や地域の垣根がなくなっています。加えてゲーム利用シーンの多様化やそれにともなう利用者の増加もあって、ゲーム市場は世界的な拡大が続いています。市場拡大でゲームコンテンツに対する需要も拡大していて、ソフトメーカーは開発体制の強化が急務となっています。

足もとのこうした状況を受け、セガでは質が高く安定的な開発ラインを確保するため、今回「セガ札幌スタジオ」を設立。セガ札幌スタジオは現地採用の従業員が中心となってセガの IP に関するゲームソフトのためのデザインやプログラム業務、製品の品質チェックを行うデバック業務を担います。

セガ札幌スタジオは現地採用が中心となることから、生まれ育った地域での就労を希望する方々にとっては就労機会の拡大につながること、さらにセガグループにおいて U ターンや I ターンを希望する従業員に対しての選択肢の用意となることを期待しているとしています。

札幌市長 秋元克広氏コメント

セガ札幌スタジオの開設を心よりお喜び申し上げます。クリエイティブ産業の振興に取り組んでいる札幌市に、ゲーム業界の最前線で活躍される皆様をお迎えすることができ、大変心強く思っております。
CG・プログラミングを学ぶ学生、ゲームクリエーターに憧れる子どもたちの目標となっていただきながら、連携して業界の発展やまちづくりに取り組んでいければ幸いです。
今後の益々のご発展をお祈り申し上げます。

代表取締役社長 瀬川隆哉氏コメント

セガでは革新的なコンテンツ創出に挑み、新たな感動体験を創造するというポリシーのもと、60年以上に渡って多様なノウハウを蓄積してまいりました。この度開設するセガ札幌スタジオでは、これらのノウハウを活かし、同地での就労を希望される方々とともに作品作りに取り組み、日本から世界に発信し、楽しんでいただけるエンタテインメントの開発の一翼を担っていきます。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible