『Nintendo Labo』のディレクターは『スプラトゥーン』の阪口翼氏、製品開発のきっかけや苦労が語られた開発インタビュー「コンセプト編」

任天堂の公式サイトにて4月20日発売の Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) 用ソフト『Nintendo Labo』の開発者インタビュー「コンセプト編」が公開されました。

ダンボール工作キットと組み合わせ、コントローラー「Toy-Con」をつくるところから始まる『Nintendo Labo』でディレクター・ソフトリーダーを担当しているのは、『スプラトゥーン』でディレクターを担当した阪口翼氏。

スプラトゥーン2』では、野上恒氏や天野裕介氏、井上精太氏、佐藤慎太郎氏といった Wii U 版での主要メンバーが続投した中で1人クレジットに名前がなく、どうしてしまったのかと思っていましたが、こちらのプロジェクトにかかりきりだったわけですね。

インタビュー「コンセプト編」は、ダンボールキットと組み合わせた製品を開発することになったきっかけやモニターテストでの失敗などの苦労、製品設計などについて語られた内容となっています。

開発者INTERVIEW| Nintendo Labo | 任天堂

また TVCM 第2弾第3弾も公開されています。

https://youtu.be/Lg3r_C1_AU4

https://youtu.be/I24pxf4QCLo

Nintendo Labo (ニンテンドー ラボ) Toy-Con 01: Variety Kit 【Amazon.co.jp限定】アイテム未定 付
Nintendo Labo (ニンテンドー ラボ)
メーカー: 任天堂
発売日: 2018-04-20

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible