セガホールディングスは23日、セガグループのセガ・オブ・アメリカが『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の長編映画(タイトル未定)について、パラマウント・ピクチャーズとの共同制作で合意したと発表しました。ソニックムービーは実写とCGアニメーションを融合したハイブリッド作品として制作され、「2019年11月15日」の北米公開を皮切りとして、順次全世界で公開予定。

ソニックムービーは2019年11月より世界公開予定

映画『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』はプロデューサーに『ワイルド・スピード』シリーズなど多くのヒット作で知られるOriginal Film社のニール H. モリッツ氏、エグゼクティブプロデューサーには全世界で大ヒットした『デッドプール』の監督であるCG映像制作スタジオBlur Studio社のティム・ミラー氏、さらに監督には同じくBlur Studio社所属で同社のアカデミー賞ノミネート経験を持つジェフ・フォーラー氏などが制作スタッフとして参加。

また、セガグループのマーザ・アニメーションプラネット株式会社も企画/プロデュース、及びCGアニメーションパートの制作に参画しています。

協業相手がソニー・ピクチャーズ → パラマウント・ピクチャーズへ変更

ソニック映画化の第一報は2014年6月。ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントとマーザ・アニメーションプラネットの共同制作と言うかたちで発表されていました。それから3年半、海外報道で先日、2019年11月15日にこの長編映画が封切りとなると報じられていました。そしてその際、配給はパラマウント・ピクチャーズなると書かれており、ソニーと協業していながらパラマウント?と思っていたら、セガから正式発表。

主要スタッフは2014年の発表当時から変更ありませんが、協業相手にソニー・ピクチャーズの文字は見当たらず、パラマウント・ピクチャーズと共同で制作が進められています。制作が長期化している裏には、ソニー・ピクチャーズからパラマウント・ピクチャーズへと協業会社が変更されていたことが理由にあったようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で