もしも『どうぶつの森』がゲームボーイカラーで発売されていたら?を表現するデメイク映像

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のゲームボーイカラー風デメイク(現代の作品を古典的な作風に作り直すこと)や『大乱闘スマッシュブラザーズ』のスーパーファミコン風デメイクを制作したNintendo Wireが、また新たな作品でデメイクを制作。彼らが今回選んだ作品は『どうぶつの森(英名:Animal Crossing)』。もしも『どうぶつの森』が、ゲームボーイカラーで発売されていたら?を表現する映像となっています。

Animal Crossing | Game Boy Color De-make

GBC風のドット絵で表現されたぶつ森ワールド。映像ではブーケとの会話や通信要素を見ることができます。

ちなみに『どうぶつの森』は当初、64DD向けに企画されていたソフト。「どうぶつたちの力を借りて目的を達成していくRPG」という、現在のコミュニケーションソフトとしての特徴とは全く異なる内容でした。

しかしながら64DD事業が上手くいかなかったためにN64へハードが変更され、ソフトの容量を削減する必要が出てきました。そこでこのソフトの面白さのキモはどこなのかを考えた結果、コミュニケーション重視のソフトとして作り込まれることになりました。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。