『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のゲームボーイカラー風デメイク(現代の作品を古典的な作風に作り直すこと)や『大乱闘スマッシュブラザーズ』のスーパーファミコン風デメイクを制作したNintendo Wireが、また新たな作品でデメイクを制作。彼らが今回選んだ作品は『どうぶつの森(英名:Animal Crossing)』。もしも『どうぶつの森』が、ゲームボーイカラーで発売されていたら?を表現する映像となっています。

Animal Crossing | Game Boy Color De-make

GBC風のドット絵で表現されたぶつ森ワールド。映像ではブーケとの会話や通信要素を見ることができます。

ちなみに『どうぶつの森』は当初、64DD向けに企画されていたソフト。「どうぶつたちの力を借りて目的を達成していくRPG」という、現在のコミュニケーションソフトとしての特徴とは全く異なる内容でした。

しかしながら64DD事業が上手くいかなかったためにN64へハードが変更され、ソフトの容量を削減する必要が出てきました。そこでこのソフトの面白さのキモはどこなのかを考えた結果、コミュニケーション重視のソフトとして作り込まれることになりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で