WiiU『スーパーマリオメーカー』、作成ツールがアンロック制になった理由とは。短縮化パッチも計画

仕様が明らかになった際には批判もあった、Wii U『スーパーマリオメーカー』のツールのアンロック条件ですが、段階的に利用可能なツールが増えていくこの仕様決定の理由を、プロデューサーである任天堂の手塚卓志氏がEDGE誌の最新号で説明しています。

手塚氏によれば、試験を行い、要素が最初から全て利用可能であった場合に、多くのプレイヤーは自分が何をすべきなのか分からなくなってしまい、ゲームを十分に楽しめなかった事が分かっていたとのこと。またゲームへ慣れたことへの報酬として、翌日のアンロックを楽しみにしたもらいたい狙いもあったのだとか。

徐々にゲームコンテンツが増えていく仕組みは、5月に発売された『スプラトゥーン』でも導入。慣れと刺激を考慮した定期的なコンテンツ開放は、鮮度を保つ事に成功しています。

早期解禁パッチが製作中

「もっと早い段階でアンロック要素を使えるようにしてほしいという気持ちも分かる」と、手塚氏は批判についても理解。気持ちを理解するだけで終わらず、手塚氏や開発チームは現在、たくさんコースを制作するプレイヤーがもっと早くアンロックできるようになるパッチのリリースを計画しているとのこと。

スーパーマリオメーカー
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂
ジャンル: 作って、遊ぶ
発売日: 2015-09-10
プレイ人数: 1人
対応: amiibo、インターネット

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。