【楽天Kobo】タッチペン対応、手書きできる電子書籍リーダー「Kobo Sage」登場

楽天グループの Rakuten Kobo は、「楽天Kobo」の新型電子書籍リーダー「Kobo Sage(コボ セージ)」「Kobo Libra 2(コボ リブラツー)」を 2021 年 10 月 20 日に発売します。価格は「Kobo Sage」は30,800円(税込)、「Kobo Libra 2」が23,980円(税込)。 ともに 32 GB のストレージを備え、一般的な小説で約 28,000

【比較】Kindle Paperwhite シグニチャーエディションと通常モデルとの違い

Amazon の電子書籍リーダー「Kindle」シリーズの中でも最も人気となっている「Kindle Paperwhite」に新モデルが登場。従来モデルよりも画面が大きく(6インチ→6.8インチ)、バッテリー持ちも向上しているなど、様々な点で進化しています。カバーや「Amazon Kids+(1年)」が付属する「Kindle Paperwhiteキッズモデル」もあわせて販売。 また今回はもうひとつ「

【auブックパス】ウェブブラウザのビューアに「自動再生」機能が追加、読む速度にあわせて設定した秒数で自動ページめくり

au が提供する電子書籍サービス「ブックパス」にて、ウェブブラウザビューアに新機能が追加されました。9月7日より追加されたのは「自動再生」。本を読む際に、ページめくりを自動で行う機能です。 読む速度にあわせて、ページをめくるまでの時間を1秒から1秒単位で設定することも可能です(初期状態は5秒)。

2020年度の電子書籍市場規模は4821億円に拡大、最も利用するサービス「Kindleストア」は2位

インプレス総合研究所が実施した「電子書籍ビジネス調査報告書2021」によると、最も利用されている電子書籍サービス・アプリは「Kindleストア」ではなく「LINEマンガ」でした。前年から順位が入れ替わりました。3位には「ピッコマ」が入っています。 2020年度の電子書籍市場規模は推計4821億円と前年度と比べ28.6%(1,071億円)拡大。今後も伸長し続け、2025年度には6,700億円を超える

【楽天Kobo】各端末間でハイライト等の同期ができない不具合

楽天の電子書籍「楽天Kobo」。専用の電子書籍リーダーをはじめ、スマートフォンやタブレット、PC・Macなど様々な端末で、楽天Kobo電子書籍ストアで購入した電子書籍を読むことができます。 気になるページにしおりを挟んだり、ハイライト・コメントをつけ、その電子書籍ごとに確認することができます。使い方各端末でつけたハイライトやコメントはネットワーク環境があれば同期して、異なる端末で利用するときもすぐ

【楽天Kobo】Androidアプリが仕様変更、アプリ内から新規購入不可に(2022年3月下旬から)

楽天の電子書籍ストア「楽天Kobo」の Android 版アプリにおいて、有料作品の取り扱いが終了することが明らかになりました。 これは Google Play Store のレギュレーションが変更されるのにともなう対応で、2022年3月下旬以降は「楽天Koboアプリ for Android」内のストア機能で有料作品の取り扱いが終了します(当初2021年9月とされていましたが延期に)。 なお無料作

【楽天マガジン】サービス利用でポイントが貯まる、支払いに使える

[更新] 楽天マガジンのポイント付与が、2021年5月14日より再開しました。5月14日以降に発生するサービス利用料に対して、100円(税込)ごとに1ポイントが付与されます。 付与ポイント数 月額プラン 418円(税込): 4ポイント 年額プラン 3,960円(税込):39ポイント 付与タイミング : 支払月の翌月20日頃 [以下、オリジナル] 楽天マガジンは、月額418円(税込)で500誌以上を

【dマガジン】ビジネスパーソン向けの書籍ダイジェストを配信、「SERENDIP」から厳選

NTTドコモは電子雑誌読み放題サービス「dマガジン」で、ビジネスパーソン向けの書籍ダイジェストを期間限定配信します。期間は「2021年4月27日〜2022年3月31日」まで。 情報工場が運営する書籍ダイジェストサービス「SERENDIP(セレンディップ)」のラインナップから、「dマガジン」向けに厳選して配信。dマガジン契約者は無料で読むことができます。

【ebookjapan】イーブックジャパンで利用できる支払い方法、PayPay残高も使える

ebookjapan」(イーブックジャパン)は、イーブックイニシアティブジャパンが運営する、ヤフーやソフトバンクグループ傘下の電子書籍サービスです。取り扱い冊数はマンガを中心に 60 万冊以上と国内最大級。無料マンガも豊富で、常時 2,000 冊以上を読むことができます。 購入でTポイントが貯まり、セールをはじめとする多彩なキャンペーンや、全巻読み放題などの独自施策が実施されるなど、Yahoo!

【ブックライブ】利用できる支払い方法、リアル書店で電子書籍を買うこともできる

「ブックライブ(BookLive!)」は凸版印刷グループの BookLive が運営する総合電子書店。カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)や東芝、日本電気の出資を受け、日本国内最大級の電子書籍配信サービスを行っています。2021年で開店から10周年。CCC が出資していることもあり、購入で T ポイントが貯まり、また使うこともできます。来店ポイントや最大50%OFFのクーポンが当たるクーポ

【DMMブックス】利用できる支払い方法、クレカ支払い・チャージなら1%ポイント還元でお得

DMMブックス(旧DMM電子書籍)は、DMM.com が運営する電子書籍プラットフォームです。漫画・コミックを中心に、小説やラノベ、写真集、ビジネス、実用書、雑誌などを幅広く取り扱い。67 万冊以上の品揃えです。 無料・試し読みが豊富で、独自の大規模セール・キャンペーンが実施されることも多い、注目の電子書籍書店です。