セガのゲーム販売好調、『ソニック』などセガサミーHDの業績改善に貢献

セガサミーホールディングスは2021年2月12日、2021年3月期第3四半期決算(2020年4月〜12月)を発表。巣ごもり需要を背景に家庭用ゲームを含むコンシューマ分野が数字を伸ばしています。

2021年に30周年を迎えるソニック関連タイトルは2020年4−12月に約370万本を販売。約360万本の『Total War』を上回り、最も売れたフランチャイズでした。

セガサミーホールディングスとしては売上高25%減の2,102億円、営業利益は52%減の135億円、経常利益51%減の126億円、純損益は62億円の純損失を計上という厳しい決算となりましたが、コンシューマ分野は売上高14%増の1,024億円、営業利益82%増の309億円を記録。今期業績に大きく貢献しています。

新作では『Football Manager 2021』や『龍が如く7 光と闇の行方』(欧米版)、『真・女神転生Ⅲ NOCTURNE HD REMASTER』を発売。過去作のリピート販売も好調で、販売本数は 3,420 万本(前年同期は 1,933 万本の販売)を記録しました。なお 3,420 万本のうち、3,186 万本は欧米からもたらされました。

貢献したフランチャイズは『ソニック』や『Total War』『Football Manager』『ペルソナ』など。ソニックは『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』や『チームソニックレーシング』『ソニックジェネレーションズ』『ソニックマニア』が貢献したということです。

『ソニック ジェネレーションズ』は2011年に発売されたソニック20周年記念作品。PS3/Xbox 360/ニンテンドー3DS/PCで展開されました。ソニックは2021年で30周年を迎えることもあり、過去のアニバーサリータイトルを手に取るユーザーが多いようです。

コンシューマ分野にはF2P(スマホ・PC向けの基本プレイ無料ソフト)も含まれており、『Re:ゼロから始
める異世界生活 Lost in Memories』や『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』などの新作タイトルが好調でした。

ゲーム本編の売上高は426億円(うち新作138億円、リピート288億円)、F2Pは410億円、その他194億円となっています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。