スクウェア・エニックス・ホールディングス(スクエニHD)が2月5日に発表した2019年3月期第3四半期決算(2018年4〜12月)は、営業利益が65%減、純利益も60%減少するなど大幅な減収減益となりました。

家庭用ゲームの新作タイトルは好調だったものの、新作タイトル開発費の償却や広告宣伝費の増加等により利益面では落ち込みました。

売上高は1790億円(▲5%)、営業利益は117億円(▲65%減)、経常利益は159億円(54%減)、純利益は89億円(▲60%)でした。

主力のデジタルエンタテインメント事業の売上高は9%減の1304億円、セグメント利益は59%減の148億円でした。

家庭用ゲーム分野では『SHADOW OF THE TOMB RAIDER』や『JUST CAUSE 4』『OCTOPATH TRAVELER』といった新作タイトルを発売し、前年同期と比べて増収に。ただ一方で、新規大型タイトルの開発費の償却や広告宣伝費が増加したことから利益面では減益でした。

多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム(MMO)分野では拡張版ディスク販売が無いことから、売上高は減少する見込みです。とはいえ安定した売上高を確保しています(63億円→64億円→65億円)。

これまで貢献度の高かったスマートデバイス・ PCブラウザゲーム等分野が、今期は苦戦。前記のサービスを開始したタイトルの多くが想定を下回っていて、既存タイトルの売上に上乗せできず減収に。またライセンス収入の減少や広告宣伝費が増加したことで、前年同期比で減益となりました。

なお、12月にローンチした『ロマンシング サガ リ・ユニバース』は好調な出足を見せているということです。Q4より売上高に計上されます。

その他のセグメントでは、アミューズメント事業が売上高34億円(+9%)、営業利益は14億円(▲43%)の増収減益。出版事業は売上高が99億円(+20%)、営業利益は28億円(+53%)で増収増益。ライツ・プロパティ事業は売上高51億円(+12%)、営業利益5億円(▲65%)で減収減益でした。

出版事業は電子書籍が大きく伸びているようで、マンガアプリの「マンガUP!」も好調でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で