楽天はオンライン通販「楽天市場」について、現在は出店する店ごとに異なっている送料体系の統一を目指していく方針を固めました。30日に開催した出店企業向けのイベント「楽天新春カンファレンス」のなかで、楽天の三木谷浩史会長兼社長が考えを明らかにしました。

楽天は30日、インターネット通販「楽天市場」の出店企業向けのイベント「楽天新春カンファレンス」を東京都内で開催した。楽天の三木谷浩史会長兼社長は「楽天市場の配送料を統一していく」と述べた。アマゾンジャパン(東京・目黒)との競合が激しくなるなか、出店企業ごとに異なる楽天市場の配送料を一本化し、消費者にとって買いやすいネット通販を目指す。

via: 楽天・三木谷氏「ネット通販の送料統一」 今年中にも  :日本経済新聞

楽天市場では出展企業ごとに配送料が決められていて、基本の送料や無料になる場合の金額も店ごとに異なっています。店ごとに配送料が違い、わかりにくくなっている現状について、三木谷社長は「配送料がばらばらで購入をやめた消費者も少なくない」と述べ、年内に料金体系を配送料を一本化したい考えを表明しました。

一般的なサイズで冷蔵保存の不要な荷物であれば、楽天市場で一定の金額以上を購入した顧客には配送料を無料にするなどのプランを想定しているとのこと。店舗の負担が増えかねないため、楽天としての支援も検討しているのだそう。

Amazonでは、通常2,000円以上の購入で送料が無料になるなど、一部を除いてわかりやすい料金体系となっています。一方で楽天は送料が出店企業によって異なるシステム。安いと思って買ったら送料込みだと高くついた、ショップによって送料が異なるのがわかりにくいなどが利用者の不満につながっていたりしていました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で