任天堂は2月1日、同社を代表するキャラクターの1人である「スーパーマリオ」を題材とするアニメ映画を、イルミネーション・エンターテインメントと共同で制作すると発表しました。映画のプロデューサーは、イルミネーション創業者で代表の Chris Meledandri 氏と、任天堂代表取締役フェローでマリオの生みの親でもある宮本茂氏が共同で担当します。

任天堂、マリオ映画をイルミネーションと共同制作

イルミネーション(本社:米国カリフォルニア州サンタモニカ)と任天堂株式会社(本社:京都市南区、代表取締役社長:君島達己)は、共同でキャラクター「マリオ」を扱った映画の企画開発を開始したことをお知らせいたします。

via: ニュースリリース : 2018年2月1日

任天堂はイルミネーションと組んで、マリオを題材とする映画の制作に着手したことを発表しました。映画はユニバーサル・スタジオの映画製作・配給部門「ユニバーサル・ピクチャーズ」と任天堂が共同で出資。配給は全世界で「ユニバーサル・ピクチャーズ」が担当します。

テーマパークのアトラクション展開でグッと近づいた両社が、再びタッグを組んでマリオ映画を制作です。『ゼルダの伝説』の映像化の噂もありましたが、やっぱり最初はマリオでしたね。

任天堂はリリースの中で、「このプロジェクトを通じて、ゲーム以外の形においても任天堂IP(知的財産)を積極的に活用し、世界中で一人でも多くの皆様を笑顔にするための努力を続けてまいります」とコメント。

イルミネーションは「このプロジェクトを通じて、世界中の全年齢のお客様に、スーパーマリオという世界で最も有名なフランチャイズの愛されるキャラクターとストーリーに繋がっていただき、全てのプロパティに喜びと発見を注入するという会社の命題の達成に取り組み続けます」とコメントしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で