wordpress_logo便利なWordPressにもお節介というか、いきすぎた機能があるものです。記事編集時のping送信もその1つ。

通常の場合、記事投稿時以外にも編集時にping送信されているんだそうです。これはエントリをアップした後で誤字や脱字に気が付いて編集する場合にも更新pingが送信されてしまうってことですよね。

追記などで記事を再編集した場合にping飛ばしたいなんていう時もありますが、細かな修正時にも送信されてしまうのはやや煩わしいなと感じます。pingサーバ側にスパム判定されるかもしれないし。ということで、Smart update pingerを使って記事投稿時にのみ更新pingを送信するように変更。

Smart update pinger の導入方法

  1. Smart update pingerから、プラグインをダウンロード
  2. ダウンロードしたプラグインファイルをインストール
  3. プラグインを有効化

管理画面サイドバーの設定に Smart Update Pinger というメニューが表示されるので、更新を通知したい任意のpingサーバを入力(このリストは投稿設定の更新情報サービスに指定したものと同期される)し、ping送信を有効にするにチェックして、設定を保存して完了。ページ下部にてPing送信ログを確認出来ます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で