さまざまなデバイスでファイルを共有・同期できるオンラインストレージサービスDropboxの有料プラン「Dropbox プロ」のサービス内容が改定され、1TB(1,000GB)/月額1,200円(あるいは、年額12,000円)に一元化されました。

Dropboxではこれまで、100GB/月9.99ドル、200GB/月19.99ドル、500GB/月49.99ドルといった有料プランを提供。それが今回、1TB/月9.99ドル(1200円)という大幅な容量増加かつ値下げを実現。以前であれば最も安い100GBの料金で、利用可能なストレージ容量が10倍の1TBまで増加しました。

容量が増えただけでなく、機能も追加。「共有リンク用のパスワード設定」「共有リンクの有効期限」「共有フォルダへのアクセス権限の設定」が追加されています。

またセキュリティ面では、デバイスを盗難、あるいは紛失した場合の処置として、バックアップを維持した上で被害にあったデバイスからファイルを削除するリモートワイプ機能が追加されました。

自分の利用環境では容量で困ることは当面なさそうですが、これは相当お得。競合サービスが増えていることも影響しているのでしょうかね。便利になるのはありがたいですけれど。

Dropboxは、直接画像を保存することが出来ないWii Uのスクリーンショット保存に使用することもできる、なかなか重宝するサービス。スクリーンショット保存方法は「Wii Uのインターネットブラウザを使って、遊んでいるソフトのスクリーンショット(画像)を保存する方法」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で