Twitterは24日、サービスの特徴の1つだった「140文字」の制限を緩和すると正式に発表しました。今後数ヶ月の間に、順次実装されます。

画像のサムネイル表示や動画への対応、ハッシュタグ、公式RT機能、最近では投票機能など、シンプルなテキストだけのサービスとして始まったTwitterは様々な機能を追加して今に至ります。色々なことが出来るようになった一方で、「140文字」の制約は健在でしたが、ついにこの部分にもメスが入ることに。

今後数ヶ月の間に、140文字の解釈に変更が加えられ、返信ツイートの@ユーザー名や写真、動画、GIF、投票といった添付物は、140文字に含まれないよう変更されます。「.@ユーザー名」も解釈が変更され、普通のツイートと同じように自分のフォロワーに表示されるようになるということです。また自分のツイートもリツイートできるようになり、滑ったツイートも時間を変えて何度もアピールできます。

Twitterは他にも、サービスをより便利に利用できる方法を検討しているとのこと。

今起きていることを発見したり、興味のある人やものごとと結びついたり、会話を楽しむ場であるために必要なシンプルさやスピード感を失うこと無く、現在ご利用くださっている皆さんにとってより便利で、新しくご利用される方にとっても使いやすいサービスになるよう、引き続き努力を続けてまいります。

リストの改善やニュースソースのフィルタリングなんかもお願いしたいところです。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly