ドニー・イェンが三國志の関羽を演じた映画『KAN-WOO/関羽 三国志英傑伝』。監督は『インファナル・アフェア』のアラン・マックとフェリックス・チョン。


題名通り関羽がこの映画の主人公で、中でも曹操の捕虜となった後、劉備の元へと戻る「過五関、斬六将」のエピソードが舞台になっている。ドニー・イェンは小柄な人なので、大柄だと語られる関羽のイメージとは違うことに最初は少し違和感あったんだけど、その辺りを些細に感じてしまうほどの見事な剣術アクションを魅せてくれる。

ドニー・イェンには棒状の武器がよく似合う。青竜刀を振り回す関羽を見ていると、『ワンチャイ天地大乱』や『英雄 HERO』を思い出しますね。お約束のように狭い場所での戦いもあるし。

目を引いたのは曹操役のチアン・ウェンの演技。冷血な性格で悪役として描かれる事の多い曹操だけど、まあこの作品でも情に欠けている様子がぎっしり描かれているわけだけど、それでも関羽への惚れ込みっぷりや、彼なりに民の事を重んじている様子が伝わってきて、君主たる存在感の大きさが伝わってくる。厳しいんだけど非情過ぎない上司。

映画用の関羽と綺蘭との恋愛エピソードは蛇足な感じがしないでもないのだけれど、しかしながらドニー・イェンの棒術アクションを堪能出来る見事なアクション映画だったわけですよ。面白かった。

『赤壁(レッドクリフ)の戦い』の数年前、劉備軍の武将であった関羽は敵である曹操に捕らわれていた。捕虜になりながらも関羽は、『白馬の戦い』で劣勢だった曹操軍の手助けをして勝利を呼び込んだ。曹操は様々な手を尽くし、“義侠心”を重んじる関羽に再三配下に入るよう説得するが、関羽は断固として劉備の元へ戻ることを願う。曹操は「義侠心」をもって敬意を払い、関羽が5つの関所を通行手形なしで通過できるよう部下に命じた。しかし、彼は関所で曹操の部下である6人の武将に命を狙われることとなる。いったい誰が関羽を殺す命令を出したのか?

KAN-WOO/関羽 三国志英傑伝

KAN-WOO/関羽 三国志英傑伝 [DVD  / ドニー・イェン、チアン・ウェン、アラン・マック、フェリックス・チョン
KAN-WOO/関羽 三国志英傑伝
原題:関雲長
監督:フェリックス・チョン、アラン・マック
脚本:フェリックス・チョン、アラン・マック
武術指導:ドニー・イェン
出演:ドニー・イェン、チアン・ウェン、スン・リー、チン・シウホウ、アンディ・オン、アレックス・フォン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で