NPDグループから2014年1月期のアメリカゲーム市場マンスリーレポートが発表され、ハード市場が次世代機により活性化している一方で、魅力的な新作タイトルが乏しいソフト市場は前年比で26%ダウンと大きく減少している事が明らかになりました。


集計期間が5週にわたった2014年1月期は、データを標準化するために0.8掛けで計算されています。その上で、1月の市場総売上高は6億6,400万ドルで前年比1%ダウンと微減に止まったものの、ソフト市場は前年比26%ダウンの2億3,200万ドルと大きく減少しています。

NPDのアナリストLiam Callahan氏は、今年1月は新作タイトル数(SKUベース)が昨年のおよそ半数に減少し、販売数に占める新作の割合も半減。昨年で言うところの『DMC』や『二ノ国』のような、ホリデー明けの市場を牽引する新作タイトルを欠いたと指摘しています。

チャートは『Call of Duty: Ghosts』が引き続きトップに。2位には『NBA 2K14』が続いています。

2014年1月: USチャート Top 10

  1. Call of Duty: Ghosts(360, PS3, Xbox One, PS4, Wii U, PC)
  2. NBA 2K14(PS4, 360, Xbox One, PS3, PC)
  3. Battlefield 4(PS4, Xbox One, 360, PS3, PC)
  4. Assassin’s Creed IV: Black Flag(360, PS4, Xbox One, PS3, Wii U, PC)
  5. Grand Theft Auto V(360, PS3)
  6. Madden NFL 25(PS4, Xbox One, 360, PS3)
  7. Minecraft(360)
  8. FIFA 14(PS4, Xbox One, PS3, 360, PS Vita)
  9. Lego Marvel Super Heroes(360, Xbox One, PS3, PS4, 3DS, Wii U, PS Vita, PC)
  10. Tomb Raider(PS4, Xbox One, 360, PS3)

任天堂はソフト売上増加

任天堂の報告によると、Wii Uのソフトウェアセールスは前年比で16%アップ。3DSとの合算では26%アップしたとのこと。

個別の売上本数は、『スーパーマリオ 3Dワールド』が累計販売本数65万本に到達。3DSでは『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』が累計71.5万本に到達しています。また『ポケットモンスターX・Y』は1月に12.5万本以上を販売し、アメリカでの累計販売本数が325万本を越えました。

ハード売上は好調

一方でハード市場は次世代機の勢いが持続していることから好調で、2億4,100万ドルを生成。前年比で47%増加しています。次世代機レースはPS4がXbox Oneをリードしているとのこと。

「US市場では、1月のPS4はほぼ同時期に発売されたライバル次世代機の2倍近くを販売して、次世代機販売のトップでした。PS4は累計販売台数においても次世代機でトップを走っています」

PlayStation Blogで、ソニーのJohn Koller氏は述べています。

マイクロソフトの声明によれば、ローンチ3ヶ月間で比較した場合にXbox OneはXbox 360の2.29倍の早さで売れており、1月はXbox One/360用ソフトは227万本が販売されました。

NPDは、デジタル販売やモバイル市場、中古販売、サブスクリプションを含めた2014年1月の総売上は約13億ドルに上ると試算しているとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で